RoveMax Model XL3/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
ローブマックス モデル XL3
パーツ画像
Rover wheel によって
Kerbal Motion LLC
接続サイズ 側面設置
コスト (合計) 1 200.00 Funds
質量 (合計) 1.25 t
空気抵抗 0.15-0.2
耐熱温度 1200 K
耐衝撃性 150 m/秒
開発技術 AdvancedMotors.png 先進的モーター技術
開発導入費 11 200 Funds
バージョンから 0.19
Part configuration roverWheelXL3
Retractable × いいえ
Brake torque 30.0 kNm
Steering range {{{steering}}}
Max. speed 15.5 m/s
Electricity used 5.0 ⚡/秒


RoveMax Model XL3は大型のローバー用車輪である。

使い方

他を圧倒するほど巨大な車輪とModel M1に劣る性能であっても、Model XL3を選択するだけの正当な理由がいくつかある。ひとつはKSCの発射台以外からロケットを打ち上げる移動式発射台に使用する場合である。

他の車輪とは異なりModel XL3には旋回軸がなく、スキッドステア方式(車輪ごとの回転差で旋回する)を採用しているため超信地旋回も可能である。

駆動中は毎秒2 Eの電力を消費する(7200 E/h)。

ゲーム内の説明

RoveMaxモデル3は、Kerbal Motion社の研究開発部署が一年半かけて極秘裏に開発しました。このことが会社の会長に明らかにされたとき、彼は「ナンデ!?」と叫んでその場でショック死しました。

変更点

0.22
  • パーツ名称をRoveMax Model 3からRoveMax Model XL3へ変更。
0.19
  • 実装。