S3 KS-25 "Vector" Liquid Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
S3 KS-25 "ベクター" 液体燃料エンジン
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Kerbodyne

接続サイズ M, 側面設置
コスト (合計) 18 000.00 Funds
質量 (合計) 4.00 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 22 m/秒
開発技術 Tech tree very heavy rocketry.png 超超大型ロケット工学
開発導入費 115 000 Funds
バージョンから 1.0.5
Part configuration SSME
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 936.51 kN
(真空) 1 000.00 kN
比推力 (1 atm) 295 秒
(真空) 315 秒
燃料流量 64.74 Units of fuel/秒


推力偏向 10.5 °
Testing Environments
On the surface はい
In the ocean はい
On the launchpad はい
In the atmosphere はい
Sub orbital はい
In an orbit はい
On an escape はい
Docked いいえ
Test by staging はい
Manually testable はい

S3 KS-25 ""Vector"" Liquid Fuel Engineはシングルノズルの液体燃料エンジンである。1.0.5現在、1.25mサイズのエンジンのなかで重量・パワーともに最大であり、2.5mサイズの"Skipper"エンジンと"Mainsail"エンジンの中間の数値となっている。TWR(推力重量比)は比較的高い。4ノズル版の兄弟エンジンS3 KS-25x4 "Mammoth" Liquid Fuel Engineと同様に、真空中の燃焼効率は普通だが、大気中の燃焼効率は他の液体燃料エンジンの中で最も良いという性質を持っている。また、他のエンジンと違ってノードと機体表面のどちらにも取り付けられる。最大の特徴はなんといっても10.5°という非常に大きなジンバル域である。だがこうした高スペックも、高めのサイエンスポイントとコストの引き換えにある。

このKS-25エンジンはRS-25というスペースシャトルメインエンジンをイメージしている。その証拠にパーツファイルの名前は"SSME"となっている。

ジンバル域が非常に大きく旋回性能が高いので、空力ダメージによって空中分解しないよう、SASのついた軽い機体ではジンバルを制限するかロックしたほうが良い。

パーツ説明文

Kerbodyne社のフラッグシップエンジンであるKS-25は、その高い推力重量比と海面高度での優れた効率性から第1段用エンジンとして最大の真価を発揮します。Kerbodyne社のエンジニアは二段燃焼サイクルを採用し、燃焼室内圧を非常に高くすることでこれを可能にしました。すぐ爆弾になりたがるこのエンジンの傾向を抑えるには、特別な合金を新たに開発しなければなりませんでした。このシングルバージョンは、非常に耐久性の高いコンポーネントと、優れた再利用性、大きなジンバル域を備えていますが、そのために重量はクラスタータイプの第1段用使い捨てエンジンよりも重くなっています。

Kerbodyne

変更

1.0.5
  • 実装