S3 KS-25x4 "Mammoth" Liquid Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
S3 KS-25x4 "マンモス" 液体燃料エンジン
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Kerbodyne

接続サイズ XL
コスト (合計) 39 000.00 Funds
質量 (合計) 15.00 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 20 m/秒
開発技術 Tech tree very heavy rocketry.png 超超大型ロケット工学
開発導入費 115 000 Funds
バージョンから 0.23.5
Part configuration Size3EngineCluster
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 3 746.03 kN
(真空) 4 000.00 kN
比推力 (1 atm) 295 秒
(真空) 315 秒
燃料流量 258.98 Units of fuel/秒


推力偏向 2 °
Testing Environments
On the surface はい
In the ocean はい
On the launchpad はい
In the atmosphere はい
Sub orbital はい
In an orbit はい
On an escape はい
Docked いいえ
Test by staging はい
Manually testable はい


S3 KS-25x4 "Mammoth" Liquid Fuel Engineは4つのノズルをもつ液体燃料エンジンである。現在[outdated]、ゲーム中最も高価なパーツで、最もパワフルなエンジンである。姉妹エンジンであるS3 KS-25 "Vector" Liquid Fuel Engineと同じく、海面高度での比推力は液体燃料エンジンの中で最も高い。エンジンクラスターの下にパーツを接続してステージを作ることはできない。複数のノズルをもつエンジンとしてはR.A.P.I.E.R.エンジンに次ぎ2つ目である。パーツ説明文によると、このエンジンはS3 KS-25 "Vector"エンジンを4基結合して作ったらしい。

KS-25の元ネタは公式にスペースシャトル・メインエンジン(SSME)であるRS-25とされている。そしてKS-25を4基使ったこのパーツは、同様にRS-25エンジンを4基使ったスペース・ローンチ・システム(SLS)のメインエンジンを元ネタとしている。他のSLSを元ネタにしたパーツと同時に実装された。


パーツ説明文

Kerbodyne社のエンジニアたちは、重いペイロードを打ち上げるための複雑極まるステージ構成と格闘することに飽き飽きし、代わりにとてつもなく強力かつ最も高効率なエンジンを造ることにしました。Kerbodyne社のKS-25ロケットモーターを4基束ねることで、史上最大の製品を生み出しました。でっかいのが1つ、ではなく4つの小さなノズルと燃焼室になっているのはKS-25の燃焼室内圧が最も高いからです(でっかい方は爆発しました)。その大きさに見合ったパワーを放ち、第1ステージ用エンジンとして非常に優れていますが、下部にハードポイントがないため、それ以外の用途にはまったく向いていません。ちなみに、お値段も大きさに見合っているようです。

Kerbodyne

変更点

0.24
  • 価格変更 (5900 から 32400)
0.23.5
  • 実装