Science mode/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Science mode
Game ModeSciencemodeicon.png
Name Science
Contracts available × 無
Strategies available × 無
Parts unlocked with
Science Points
✓ 有
Parts paid with Funds × 無
Reputation to Kerbals × 無
Since version 0.24
この記事はゲームモードのScienceについて記述されています。ScienceポイントについてはScience/jaを参照してください。

サイエンスモードはKerbal Space Programに実装されている3つのゲームモードのうちの1つです。サイエンスモードは、「フリースタイル」であるサンドボックスと、資源に大きく依存するキャリアのちょうど中間に位置するゲームモードです。サイエンスモードのポイントは、キャリアモードに実装されている契約資金名声といった負担を追わずに、科学実験活動だけを行う点です。バージョン 0.22での実装からバージョン 0.24での変更までの間は、このゲームモードが"キャリア"モードと呼ばれていました。

概要

サンドボックスモードとは異なり、研究開発センターがオープンし(キャリアモードも同様)、実験装置を使った実験データ収集が可能になります。これらのパーツから得た実験データを宇宙センターに送信するか、回収することで、サイエンスポイントが得られます。このポイントは、研究開発センターで新しいパーツを“研究”するために使用します。これにより、技術ツリーのノードをアンロックし、そのノードに含まれるすべてのパーツが即座に使用可能となり、次のノードへのアクセスが可能となります。

プレイヤーは、アンロック済みのパーツを使用でき、開始ノードはアンロックされた状態で始まります。キャリアモードとは異なり、アンロックされたパーツは無料です。資金システムがないため、企業からの契約はなく、名声は得られません。そのため、ミッションセンターは閉鎖されています。契約完了のサイエンスポイントは獲得できません。同様に、運営本部には入れず、事業戦略は実施できません。

初心者はサイエンスモードでプレイすることをお勧めします。なぜなら、最も初心者に優しいためです。マニューバノードを最初から使え、資金や名声を気にする必要はありません。

このゲームモードで見本機体を使用する場合には、難易度イージーでプレイします。

ゲームプレイ

サイエンスとキャリアモードは、ゲームの進め方が似ています。ゲーム開始時は、カービン周辺の科学データ収集を行ない、ムン探索に必要なパーツをアンロックするためのサイエンスポイントを稼ぎます。次の段階は、他の惑星に行くために必要なパーツをアンロックするために必要なサイエンスポイントを得るために、ムンミンマスの科学データを収集します。

関連項目