Sepratron I/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
セプラトロン I
パーツ画像
Solid rocket booster によって
Periapsis Rocket Supplies Co
接続サイズ 側面設置
コスト (合計) 75.00 Funds
(乾燥) 70.20 Funds
質量 (合計) 0.07 t
(乾燥) 0.01 t
空気抵抗 0.2-0.3
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 Precision propulsion.png 精密推進システム
開発導入費 1 100 Funds
バージョンから 0.17
Part configuration solidBoosterSep
Solid rocket booster
最大推力 (1 atm) 13.79 kN
(真空) 18.00 kN
比推力 (1 atm) 118 秒
(真空) 154 秒
燃料流量 1.59 Units of fuel/秒


推力偏向 × いいえ
燃料 8.0 Units of fuel
燃焼時間 (1 atm) 3.9 秒
(真空) 5 秒
Testing Environments
On the surface × いいえ
In the ocean × いいえ
On the launchpad ✓ はい
In the atmosphere ✓ はい
Sub orbital ✓ はい
In an orbit ✓ はい
On an escape × いいえ
Docked × いいえ
Test by staging ✓ はい
Manually testable ✓ はい


Sepratron Iは超小型の固体燃料ブースターで、質量に対して非常に大きい推力を短時間だけ発揮する。

使い方

緊急脱出用にポッドに配置したSepratron I

旧来の固体燃料ブースターとは異なり、Sepratron Iの推力は離陸用としては弱すぎる。その代わり特有の大きな長所を2つ持っている。その小ささゆえ自由に側面取り付け可能なこと、その軽量さゆえ燃焼後は切り離す必要もないほど軽くなることである。

主な用途:

  • RATO(ロケット補助推進離陸)用ブースターとして航空機に取り付ける。
  • 切り離し操作と同じステージに設定して、切り離したパーツを速やかに機体から遠ざける。
  • 小型機の試験飛行用ロケット。(オーバーヒートに注意)
  • 緊急脱出用ロケットとして"Abort"アクショングループに設定して、緊急時に重要モジュールを機体から退避させる。
  • 切り離し装置の分離射出圧の相殺。切り離し装置を使うと射出圧で加減速するので速度を維持したい側にSepratron Iを調整して取り付ける。
  • 不要になった低軌道人工衛星の落下処分用ロケットとして予め装備しておく。

ゲーム内の説明

固体燃料のようなものが詰まった小さな容器です。推進力という面では大した能力を持ちませんが、Kerbalの科学者は色々活用できるという点でSepratron Iを好むようになりました。例えばブースターを引き離すとか。最高の結果を得るには、傾けて設置するほうがよいです。


トリビア

  • パーツ側面には赤文字で"BIG ROCKET THING(重要ロケット部品)" "DO NOT DROP(落とすな)"と印字されている。

変更点

0.19
  • 合計質量が0.2175tから0.0725tへ、乾燥重量が0.15tから0.0125tへ、推力が20 kNから18 kNへ、容量が9Lから8Lへ変更。現在Sepratron Iが標準パーツ中最高の推重比を持つようになった。
0.17
  • 実装。