Settings/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search


このは不完全です。加筆Discussionにご協力ください。

There are also a limited amount of settings while playing

KSP0.25におけるSettings画面の設定項目およびその説明ページである。設定はルートフォルダにあるsettings.cfgを直接書き換えることでも変更することができる。

ゲームランチャーの設定メニューからはGraphics・Audio・Advanced(ランチャー専用)の3つを設定変更することができる。

Saving

画面下3つのボタン説明:

  • Apply: 適用。設定変更は保存するがSettings画面は表示し続ける。
  • Accept: 決定。設定変更を保存してSettings画面を閉じる。
  • Cancel: キャンセル。設定変更は保存せずSettings画面を閉じる。

General

Gameplay

  • Show Vessel Labels
    • 周辺の機体名称を表示する。
    • 初期設定: On
  • Show Space Center Crew
  • Displaying Earth Time
    • Kerbal時間(1日6時間、1年426日)の変わりに地球時間で表示する。
    • 初期設定: Off
  • Flight UI Size
    • 飛行画面のUI表示の大きさを変更する。
    • Tiny・Qiute Small・Small・Smallish・Medium・Largeish・Large・Quite Large・Hugeの9段階。
    • 初期設定: Small

System

  • Show Stats Tracking Dialog on Startup
    • Controls whether or not a message from Squad will pop up, asking about tracking info to improve the game.
    • 初期設定: Off
  • Simulate in Background
    • If you have ships within view of the VAB or SPH, this setting will control whether or not they appear during ship creation.
    • 初期設定: On
  • Don't Show Game Launcher
    • ゲームランチャーの非表示。
    • 初期設定: Off
  • Max Persistent Debris
    • スペースデブリの存続数。最小数0で最大数制限なし。数が多いほどCPU負荷がかかる。
    • 初期設定: 250
  • Max Physics Delta-Time per Frame
    • 1フレームあたりの物理演算の所要時間。数値を大きく設定するほど正確な演算が出来るが、ゲームスピードは遅くなる。巨大な機体が不正分解するのを防ぐのに効果がある。settings.cfgファイルを直接書き換えることで設定スライダの上限値以上の数値にすることもできる。
    • 初期設定: 0.10 sec

Graphics

Scenery

  • Terrain Detail
    • 各天体の地形ディテール表示。
    • Low・Default・Highの3段階。
    • 初期設定: Default
  • SM3 Terrain Shaders
    • 搭載グラフィックスが対応している場合シェーダーモデル3.0を使用する。
    • 初期設定: On
  • Terrain Scatters (WIP)
    • この機能は開発途上です。
    • 岩や木などの地形小物を追加する。天体地表に近づくと非常に高負荷になる。
    • 初期設定: Off
  • Scatter Density
    • 岩や木などの地形小物の散布密度。
    • 初期設定: 50%
    • 補足 : 地形小物には当たり判定が無く、木や岩に触れることは出来ません!
注意 : Scenenery設定はゲーム再起動後から適用されます。

Rendering

  • Render Quality Level
    • Unityエンジンのレンダリング品質設定。詳細はUnityエンジンの資料を参照。
    • Fastest・Fast・Simple・Good・Beautiful・Fantasticの6段階。
    • 初期設定: Fantastic
  • Texture Quality
    • テクスチャ解像度の設定。
    • Eigth Res・Quarter Res・Half Res・Full Resの4段階
    • 初期設定: Half Res
  • Fallback Part Shaders
    • シェーダーモデル1.0互換設定。搭載グラフィックスがシェーダーモデル2.0以上に対応していない場合やなんらかの理由でレンダリングが乱れる場合はこの設定をTrueに変更すると改善することがある。
    • 初期設定: False
  • Aerodynamic FX Quality
    • 大気圏再突入時の炎など空力的エフェクト表示の品質設定。
    • Minimal・Very Low・Low・Normalの4段階。
    • 初期設定: Normal

Video

  • Screen Resolution
    • 解像度設定。
    • 設定変更後、一時的に画面の明るさが最大になることがあるがすぐに自動調整されるので問題は無い。
    • 初期設定: 1024 × 768
  • Full Screen
    • 全画面表示設定。解像度は環境に合わせて自動変更される。
    • 初期設定: Disabled
  • Anti-Aliasing
    • アンチエイリアス処理設定。モデル輪郭などに現れるギザギザの緩和処理。
    • OFF・2x・4x・8xの4段階
    • 初期設定: 2x
  • V Sync
    • 垂直同期設定。テアリング(画面の上下でずれが発生すること)の防止。
    • 初期設定: Every VBlank
  • Frame Limit
    • FPS上限値の設定。
    • 初期設定: 120 FPS
  • Pixel Light Count
    • オブジェクトに対して同時処理できる光源数。詳細はUnityエンジンの資料を参照。
    • 初期設定: 8
  • Shadow Cascades
    • 陰影処理の品質設定。詳細はUnityエンジンの資料を参照。
    • Default: 4

Input

キー割り当ては任意に変更できます。各操作モードごとに設定してください。

注釈: Axis Bindingsはジョイスティックの感度設定です。

Other

Other Settings

  • Use Staging Controls on Docking UI
    • When docking is set as the control method in-game, the controls remain at their staging positions instead of moving to WSAD, or whatever the staging controls are set to.
    • 初期設定: Off
  • EVAs Auto-Rotate to Camera
    • EVA中のをカメラの上下方向に自動追従させる。
    • 初期設定: Off
  • Mouse Wheel Sensitivity
    • スクロールホイールの反応量。
    • 0~1.000の範囲でスライダ調整
    • 初期設定: 1.000

6-DOF Device

現状Windows版のKSPのみで6-DOF input device(3Dマウスなど)をサポートしており、その感度設定。
  • Toggle Camera/Fight Control
  • Lock/Unlock Roll Axis

6-DOF Camera Control

6-DOF Fight Control

  • Pitch, Yaw and Roll
    • Sensitivity
  • XYZ Translation
    • Sensitivity


Audio

Volume

  • Spacecraft
    • エンジンの点火音、燃焼音、パラシュートの展開音。
  • Ambience
    • デカップラーの分離音、大気中移動時の風切り音。
  • UI
    • UI操作時のスナップ音。
  • Music
    • ミュージック音。
  • Voices
    • チュートリアルでのの声。
初期設定: 一律100%

Sound Normalizer

  • Normalizer
    • ラウドネス等化処理の実行。
    • 初期設定: Enabled
  • Threshold
    • しきい値。ノーマライズを始める基準値。
    • 初期設定: 1.0
  • Responsiveness
    • 反応性。しきい値に達した音量を調整する際の待ち時間。極端に小さい数値を設定すると一瞬の音量に反応して音量が乱高下してしまうので注意。
    • 初期設定: 16

Advanced(ゲームランチャー専用メニュー)

警告 : このメニューの設定は意味を理解しないまま変更しないでください。

  • Run in AMD compatibility mode
    • AMD製CPU互換モード。
    • 初期設定: Off
  • Do not produce log
    • ログ作成をしない。(パフォーマンス改善)
    • 初期設定: Off
  • Run in frameless window
    • ウィンドウ枠を非表示にする。(擬似フルスクリーンモード)
    • 初期設定: Off
  • 不明(Windows以外のOS専用)
    • 不明。Windowsでは設定不可を表す赤ランプが表示される。
    • 初期設定: Off
  • Run 64 bit player
    • 64bit版でプレイする。
    • 警告 : 64bit版は実験的リリースなため安定しません。
    • 初期設定: Off
  • Do not show this Launcher again
    • ゲームランチャーを使用しない。
    • 初期設定: Off