Time warp/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
矢印3つで10倍速non physical time warpを表している。

WARP(ワープ)はゲーム内時間を加速させる機能で、低推力長時間燃焼や惑星間移動などで現実での所要時間を短縮させることができる。MET(ミッション経過時間)の上に表示された矢印の数が進行中のワープ係数を表している。デフォルトでは、.キーと,キーでワープ係数の増減が変更できる。ワープ係数の変更時には画面中央上部に操作結果が文字で表示される。

Physical time warp

physical time warpの4段階表示

Physical time warp(物理タイムワープ)では推力や空気抵抗などの物理演算要素を機体に作用させる早さを表している。等倍速(1x)の状態でMod+.キーを押すことで、いつでも加速させることが出来る。物理演算は非常に複雑な計算が行われておりCPUに多大な負荷がかかることから、ワープ係数は1×(等倍速)、2×、3×、4×の4段階のみである。また航空機の場合は機体の振動や進路急変を引き起こすので推奨されない。

警告: Physical time warpは物理演算が不正確になりやすく、機体の分解につながることがある。特に複雑な演算が要求される大型機ほど頻発する。

Non-physical time warp

製品 (0.19.1) デモ (0.18.3)
回転/慣性系変換 100 000 m 100 000 m
時間加速 最低高度
どこでも
5× 70 000 m Expression error: Unrecognized punctuation character "[".
10× 70 000 m Expression error: Unrecognized punctuation character "[".
50× 70 000 m Expression error: Unrecognized punctuation character "[".
100× 120 000 m Expression error: Unrecognized punctuation character "[".
1 000× 240 000 m Expression error: Unrecognized punctuation character "[".
10 000× 480 000 m Expression error: Unrecognized punctuation character "[".
100 000× 600 000 m Expression error: Unrecognized punctuation character "[".

Non-physical time warp(非物理タイムワープ)では重力と衝突を除く全ての物理演算が処理されない。タイムワープは100 000×まで加速可能だが、機体に重力以外の力が作用している間は利用できない。利用できない状況は以下の通りである。:

  • 機体が大気圏内にいる場合(着陸して完全に静止している場合は除く)。
  • エンジンが動作するしないに関わらず、スロットルが開放されている場合。
  • 機体にSAS等からトルクが働いている場合。
  • 機体が地表を移動している場合(ローバーなど)。

タイムワープ係数は1×(通常時)、5×、10×、50×、100×、1 000×、10 000×、100 000×の8段階である。しかし高倍率になるほど天体から距離を置いていることが条件となる。全ての天体にはそれぞれ固有の高度基準枠が設定されており、各高度に達することで該当するタイムワープ係数が利用可能になる。例としてKerbinのタイムワープ基準高度表を右に掲載する。

One side effect of non-physical time warp is that upon its activation a ship will instantly stop rotating, as all parts are frozen relative to the vessel's reference frame. As a result of this, any joints that were bent when entering non-physical time warp will stay bent during warp, and will spring back violently when leaving time warp (sometimes leading to rapid unplanned disassembly).

There are celestial bodies like the Mun which allow time warping when it is colliding with the surface. Usually the time warp gets reset to 1× when the craft is near the surface.

Another hazard of especially high time warps is that the craft travels so fast close to a body, that the game doesn't recognize it and doesn't reduce the time warp. As the orbital velocity is at the highest level when at periapsis, the craft is also moving fast by itself causing to move even faster with time warp. This could lead to skipping through the atmosphere without an atmospheric entry or getting an unintentional gravity assist.

タイムワープ係数と早さの比較

以下の表は各項目の所要時間とタイムワープした場合の現実所要時間を示している。

タイムワープ係数 Kerbin日 Kerbin年 アルファケンタウルス星(4.3光年)の光が
地球に到達するまでの所要時間
地球日
6 h 106 d 12 h 32 m 25 s 1603 d 24 h
3 h 53 d 6 h 16 m 12.5 s 801 d 16 h 33 m 12 h
2 h 35 d 12 h 10 m 48.33 s 534 d 11 h 2 m 8 h
1 h 30 m 26 d 15 h 8 m 6.25 s 400 d 20 h 16 m 6 h
1 h 12 m 21 d 7 h 18 m 29 s 320 d 16 h 13 m 4 h 48 m
10× 36 m 10 d 15 h 39 m 14.5 s 160 d 8 h 6 m 2 h 24 m
50× 7 m 12 s 2 d 3 h 7 m 50.9 s 32 d 1 h 37 m 17.75 s 28 m 48 s
100× 3 m 36 s 1 d 1 h 33 m 55.45 s 16 d 48 m 38.87 s 14 m 28 s
1 000× 21.6 s 2 h 33 m 23.55 s 1 d 14 h 28 m 51.89 s 1 m 26.4 s
10 000× 2.16 s 15 m 20.35 s 3 h 50 m 53.19 s 8.64 s
100 000× 0.216 s 1 m 32.04 s 23 m 5.319 s 0.864 s