Vall/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
ヴァル

(Vall)

ヴァル (Vall)
軌道からみたヴァル
衛星 (Jool周回)
軌道要素と性質
軌道長半径 43 152 000 m [Note 1]
軌道遠点 43 152 000 m [Note 1]
軌道近点 43 152 000 m [Note 1]
軌道離心率 0
軌道傾斜角 0 °
近点引数 0 °
昇交点黄経 0 °
平均近点角 0.9 rad (at 0s UT)
公転周期 105 962 s
4 d 5 h 26 m 2.1 s
会合周期 106069.5 s
軌道速度 2558.8 m/s
Longest Time Eclipsed 4706 s
物理的性質
赤道半径 300 000 m
Equatorial Circumference 1 884 956 m
表面積 1.1309734×1012 m2
質量 3.1087655×1021 kg
標準重力パラメータ 2.0748150×1011 m3/s2
密度 27 487.522 kg/m3
表面重力 2.31 m/s2 (0.235 g)
脱出速度 1 176.10 m/s
自転周期 105 962.09 s
4 d 5 h 26 m 2.1 s
恒星回転速度 17.789 m/s
同期軌道 3 593.20 km
作用圏 2 406 401.4 m [Note 1]
大気の性質
大気の有無 × 無
サイエンスポイント倍率
着陸 12
着水 N/A
低高度宇宙 9
高高度宇宙 8
回収 8

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 距離は表面からではなく中心から(ゲーム内と異なる)

VallJoolの第2衛星。 他のJoolの衛星LaytheTyloと同じくJoolに回転同期している。 Vallの静止軌道は3,893,254mだが作用圏外にあるので、存在しない。

VallはKSPでの木星の衛星エウロパにあたる。

Munに似た星であるが、Vallへの着陸・帰還の方が高重力・険しい地形・Kerbinから遠いため、遥かに難しい。

以前の開発者NovaSiliskoによると、VallはEelooのように亀裂の入った氷で覆われたカオスな星になる予定だった。[1]

ゲーム内説明

VallはJoolの衛星の中で最後に発見された星である。科学者たちは拭いても取れない望遠鏡のレンズの汚れにいつも苛立っていた。望遠鏡を大量に返品され困ったAdvanced Optics社は、それが実は本物の星であると告げることにした。

Kerbal天文学会

地形

氷の地表をもち、山の稜線で隔てられた小山の多い低地が占めている。 高度は0~7976mに及ぶ。完全に平坦な土地はないため、良い着陸地点を探すのは困難だ。

クレーターの跡のような円形の山の稜線がいくつか見られるが、かなり侵食されている。 Vallには地殻活動があるらしいので、これは氷の火山の一種である可能性がある。


地表の色は白~ライトブルーである。terrain scatterをオンにすると、白黒でコントラストの強い巨石や、白いパターンが地表にみられる。

バイオーム

4つのバイオームがある。

バイオームリスト

Vall Biome Map as of 0.90.0
  • Poles
  • Highlands
  • Midlands
  • Lowlands

時間加速

回転/慣性系変換 100 000 m
時間加速 最低高度
どこでも
5× 24 500 m
10× 24 500 m
50× 24 500 m
100× 40 000 m
1 000× 60 000 m
10 000× 80 000 m
100 000× 100 000 m

ギャラリー

トリビア

  • もしこのゲームで多体シミュレーションを行ったら、VallはLaytheとTyloの重力によって数日のうちにJool系から弾き飛ばされてしまう。

変更点

0.90
  • バイオーム追加
0.17
  • 実装

Notes

  1. Post in the forum by NovaSilisko