XM-G50 Radial Air Intake/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
XM-G50 Radial Air Intake
パーツ画像
Air intake by
Vac-Co Advanced Suction Systems
接続サイズ 側面設置
コスト (合計) 250.00 Fund
(乾燥) 250.00 Fund
質量 (合計) 0.02 t
(乾燥) 0.02 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 10 m/s
開発技術 Tech tree aerodynamics.png Aerodynamics
開発導入費 4500 Fund
実装version 0.18
Part configuration airIntakeRadialXM-G50
吸気速度 10
吸気面積 0.006 m2
最大吸気量 0.6 Air unit

XM-G50 Radial Air Intakeは唯一[outdated]側面取り付けが可能な吸気口である。although the ability to attach the StrutCo Cubic Octagonal Strut radially has allowed for functionally radial mounting of intakes designed for node attachment to the ends of fuel tanks.

使い方

XM-G50はジェットエンジン用の吸気口で、機体速度が速くなるほど獲得できる酸素が増加する仕組みで吸入空気をシミュレートしている。

水上利用

80m/sという高い耐衝撃性と疎水性から、XM-G50はフロートとしてボート、ジェットスキー、飛行艇などに流用されている。普及の先駆けとなったのはYouTube投稿者Danny2462の動画KSP Moments: Intake Skipping(2012/12/9)といわれており、Intakeology(2013/12/8)、Absurd Contraptions: Water Strider(2014/2/9)と徐々に利用法の開発が進んだ。XM-G50による飛行艇フロートの安定した実用手法はScott Manleyの動画livestreamed building of a seaplane(2014/4/13)によって実演された。

ゲーム内の説明

機外に空気がある限りタービンエンジンに空気を取り込むこのエアインテークは、空気吸い込み式エンジンの必需品です。エンジンのフレームアウトや生物/無生物がインテークに吸い込まれることについては保証対象外です。

変更点

0.22 (?)
  • In-game description possibly changed. Reportedly it used to be as follows:
Tired of sucking in air directly from the front of something, an intrepid designer asked the question. "Why not make an intake that sticks out, then we can put one anywhere!". Shortly thereafter the XM-G50 prototype was constructed. However this led to a tragic abuse of intakes in SSTO designs.

Vac-Co Advanced Suction Systems

0.21
  • 質量を0.1から0.01へ変更。
0.18
  • 実装。