This wiki is currently experiencing migration problems. This is known and will be fixed at some point.

Registered users can edit this wiki.

Mk16 Parachute/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Mk16 Parachute
パーツ画像
Parachute by
Found lying by the side of the road
接続サイズ S
コスト (合計) 422.00 Fund
質量 (合計) 0.10 t
空気抵抗 (stowed) 0.22
耐熱温度 2500 K
耐衝撃性 12 m/s
開発技術 Start.png Start
開発導入費 Fund
実装version 0.7.3
Part configuration parachuteMk1
Semi-deploy drag 1
Semi-deploy trigger 0.04 atm
Fully-deploy drag 500
Fully-deploy trigger 1000 m AGL
Max. Temp chute 650 K
Testing environments
On the surface × 無
In the ocean × 無
On the launchpad × 無
In the atmosphere ✓ 有
Sub orbital × 無
In an orbit × 無
On an escape × 無
Docked × 無
Test by staging ✓ 有
Manually testable × 無

Mk16 Parachuteは機体の降下速度を遅らせるパラシュートパーツである。

使い方

パラシュートは放出後、対地高度500mまでは準展開状態でドラッグシュートとして機能する。500m以下まで降下すると全展開状態になり最大性能で減速させる。パラシュートの効果は大気密度に依存しており、大気のない天体では展開も出来ない(Munへの着陸にも利用できない)ので注意が必要である。

ゲーム内の説明

Mk16パラシュートは一部で、余った端切れの寄せ集めに毛が生えたようなものだと思われているようですが、実際に端切れを縫い合わせて作られています。そうだとしても現実には自由落下よりマシなので、Mk16は広く使用されてきました。

ギャラリー

変更点

0.18
0.16
  • 質量を0.3から0.1へ変更。
  • 全展開時の空気抵抗を55から500へ変更。
0.15
  • 側面取り付けが可能になった(リリースノートに記載なし)。
0.9
  • Parts now have an ActivatesEvenIfDisconnected parameter on the cfg to allow them to be activated after jettisoning
  • Fixed parachutes not deploying if not set to the last stage. (they can still deploy when jettisoned)
  • Parachutes now have a 'useAGL' parameter. If that's enabled, it will deploy when it reaches deploy altitude from ground level
  • パラシュートが大気圏外で展開しないようになった(リリースノートに記載なし)。
0.8.5
  • Parachutes can now deploy automatically if jettisoned along with other parts (allowing for parts to be safely landed)
  • Added some sound effects for the parachute opening
  • Added cfg-definable parameter for parachute autodeployment delay
0.7.3
  • KSP初公開。