Camera view/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search

KSPにはいくつかのカメラビューが用意されていて、外部仮想カメラから機体や宇宙飛行士を見ながら操作することができます。これらは、Vキーを押す度に切り替わります。

自由

カメラビュー:自由 カービン地表が下にある

カメラ:自由は、画面の「上」方向が、天体(作用圏)の天頂方向になります。航空機の制御に推奨される視点です。

オービタル

カメラビュー:オービタル カービンが右にある

カメラ:オービタルは、 天体の北極が「上」になります。赤道上を周回しているときは、天体が真横に位置します。この視点はオービタルマップの視点と一致するため、軌道上の機体操作が快適になる傾向にあります。

オービタルビューでの不自然なカーバル達

惑星上で船外活動(EVA)を行なっているカーバルを操作中にこの視点にすると、カーバルは惑星に対して横方向を向きます。この状態でも依然としてカーバルたちに重力が作用しています。

追跡

カメラ:追跡は、機体を基準として、機体の回転に応じて視点も回転します。カメラは縦軸と横軸に回転できます。地面が「下」方向になるため、大気圏内を飛行する機体を操縦するのに向いています。

固定

カメラ:固定は、機体にカメラが固定され、機体の回転に合わせてカメラが回転します。機体を見る方向は変えられますが、操縦装置の向きに固定されたまま回転し、ロール方向の回転はできません。この視点は、ドッキングを容易にします。

自動

カメラ:自動は、機体の高度に応じて「自由」と「オービタル」が自動的に切り替わります。打ち上げ時は「自由」が使われますが、Pe(近点高度)が高くなると、「オービタル」に切り替わります(Pe(近点高度)が低くなれば「自由」に戻る)。「オービタル」へ切り替わる高度は、天体に依存します。


このsectionは不完全です。加筆Discussionにご協力ください。

The definitions for other bodies is missing. Maybe some bodies share similar definitions.

  • カービン: Pe(近点高度)23 km以上 [verify]
  • ムン: Pe(近点高度)“海面高度”以上