Mun/ja

From Kerbal Space Program Wiki
< Mun
Jump to: navigation, search
ムン

(Mun)

ムン (Mun)
軌道からみたムン
衛星 (Kerbin周回)
軌道要素と性質
軌道長半径 12 000 000 m [Note 1]
軌道遠点 12 000 000 m [Note 1]
軌道近点 12 000 000 m [Note 1]
軌道離心率 0
軌道傾斜角 0 °
近点引数 0 °
昇交点黄経 0 °
平均近点角 1.7 rad (at 0s UT)
公転周期 138 984 s
6 d 2 h 36 m 24.4 s
会合周期 141115.4 s
軌道速度 542.5 m/s
Longest Time Eclipsed 2213 s
物理的性質
赤道半径 200 000 m
Equatorial Circumference 1 256 637 m
表面積 5.0265482×1011 m2
質量 9.7599066×1020 kg
標準重力パラメータ 6.5138398×1010 m3/s2
密度 29 125.076 kg/m3
表面重力 1.63 m/s2 (0.166 g)
脱出速度 807.08 m/s
自転周期 138 984.38 s
6 d 2 h 36 m 24.4 s
恒星回転速度 9.0416 m/s
同期軌道 2 970.56 km
作用圏 2 429 559.1 m [Note 1]
大気の性質
大気の有無 × 無
サイエンスポイント倍率
着陸 4
着水 N/A
低高度宇宙 3
高高度宇宙 2
回収 2

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 距離は表面からではなく中心から(ゲーム内と異なる)

ムン(Mun)は、時にはMünとも表記される、カービンを周回する比較的大きな衛星である。現実における地球の月の類似物で、しばしば“”(ラテン語でLuna)とそのまま呼ばれる。

地表は灰色で、大小様々なクレーターと、標高5029mを超える々が存在する。表面重力は1.63 m/s²でカービンと比較するとおよそ1/6で8.18 m/s²の差がある。ちなみに現実の地球の月の表面重力は1.624 m/s²である。ムンに着陸できるのはもちろん、重力アシスト(スイングバイ)に利用して、ミンマスや、太陽(カーボル)軌道に向かうために、カービン脱出軌道に乗ることもできる。 ムンでのスイングバイは方向を精密に制御できず、燃料をそこまで節約できる訳でもないが、タイミングを調整すれば増速や減速に有効だ。

新規プレイヤーはムン(ほか大多数の天体)には大気が存在しないことに注意すべきだ。これはパラシュートが地表への着陸手段として使えないことを意味している。

ムンの表面ではアノマリ(イレギュラーな構造体)がいくつか存在している。

ムンの同期軌道は高度2 970.58 kmにあるが、すでに重力圏外なため維持することは不可能である。しかしムンの重力圏のほんの少し外側で、ムンとおなじ軌道長半径のカービン周回軌道に乗ることで、擬似的にムン静止軌道を取ることができる。カービン低軌道からムン作用圏を捉え近点高度25 kmに到達するには約860 m/sのdelta Vが必要であり、ムン遠点高度も25 kmにして周回軌道に乗るには約260 m/sのdelta Vが必要である。なお準同期軌道は高度約1797.41kmである。

チュートリアルにてムンへの旅行を解説している。

ゲーム内の説明

ムンはカービンの軌道を周回する大きな衛星です。ほぼ灰色の天体で、地表のほとんどが大小さまざまなクレーターで覆われています。
ムンの発見は、カーバルの進化において最も大きな飛躍の1つであると考えられています。発見されたのはそれほど遠い昔のことではありませんが、当時よりもカーバルたちは知恵をつけて確実に進化していると言えるでしょう。

カーバル天文学会

地勢

The minimum height for the different inclinations

ムンの地形は荒く、灰色で、クレーターがはっきり残っているのが特徴だ。低地は表土がより濃い灰色になる傾向がある。ムンにも峡谷が存在しておりその深さは数百m、全長は数kmに及ぶ。

ムン地形の最高高度地点は南極近くの西経152.33°南緯82.52°にあり、7061 m以上の高度がある。この高度では10倍速ワープが可能だが、 allowing crashes with terrain while being in a seemingly stable orbit.最低高度地点は北の大クレーター南西よりの西経76.63°北緯35.32°で高度は-247 mである。

地表の細部要素はグラフィック設定により岩や小石が出現する。他惑星の細部要素と同様にムンの岩なども当たり判定のない装飾で宇宙船やカーバルが衝突することはない。

0.21でプロシージャル生成されたクレーターが散りばめられ、着陸が難しくなった。それまでの高度0mの最低地点は東側の大きなクレーター(35.42° E, 8.27° N)だった。

機体をリロードするとオブジェクトがカービン重力圏外まで放り出されてしまう「地獄のクラーケン」現象が、ムンで以前見られた。

ムンにもいくつかの隠し要素があり探索することで発見できる:

Spoiler: イースターエッグ
  • 大きな石のアーチが3つある。その大きさから赤道付近を高度10000m以下で周回していれば容易に発見できる。
  • 人類最初の月面着陸者Neil Armstrongの記念碑が建っている。一番大きなクレーターの南の壁付近にある。 この場所はアポロ11号が月に着陸した地点とほぼ一致している。低軌道から白い点として微かに視認できる。
  • モノリス(捩ってMunolithとも)が3つある。モノリスは小さく、発見するのは非常に難しい。ひとつは地中に、残り2つはそれぞれ非常に深い縦穴の中にある。

バイオーム

ムンのバイオーム分布図
0.90以前は、ムンは複数のバイオームが存在する数少ない天体の1つであり、合計17の最も多くバイオームを有する天体であった。主要な大型クレーターはそれぞれ独自のバイオームとなっており、固有名称が与えられている。内陸や高地に存在する中型クレーターには固有名称は無いが、各バイオームのクレーターとして別に扱われている。極地には3つの異なるバイオームが存在している。7つの異なるクレーターと2つの盆地が存在する。

バイオーム一覧

Munバイオームマップ (1.2)
  • 極地
  • 極地の低地
  • 極地のクレーター
  • 高原
  • 高原のクレーター
  • 内陸
  • 内陸のクレーター
  • 低地
  • 南の盆地
  • 裏側の盆地
  • 北西のクレーター
  • 裏側東のクレーター
  • 大峡谷
  • 裏側のクレーター
  • 東のクレーター
  • ツイン・クレーター
  • 南西のクレーター

カービンからの観測

ムンの軌道はカービンの赤道面と一致している。ムンが潮汐固定(自転周期と公転周期が一致)されていること、軌道が完全な円であること、軌道傾斜が無いことから、カービンから観測できるムン地表は常に同一のちょうど50%(山陰など地形に起因するものは無視する)のみである。

軌道傾斜が無いためムンがカービンと太陽の間を通過するたびに日食が発生する。グラフィックエンジンの制約から現在、日食による暗転や影の発生はしない。しかし日光の遮断は処理されており太陽光発電機はムンの影に入る短時間機能しなくなる。

A full Kerbolar eclipse can be observed while landed at KSC starting after game time Year 1, Day 351 - 5h, 40m, and ending (being partial again) somewhere around Year 1, Day 352 - 0h, 22m. Not sure of other occurences or locations, but this one at KSC is confirmed (unless game times and positions of bodies varies between players). Apparently a Kerbolar eclipse happens every 6 days, according to a random online source (too lazy to do math or test).

Although the game graphics depict Mun as totally covering the solar disk during an eclipse, based on the given diameters of Sun and Mun and their distances from Kerbin, Sun has a larger apparent size. For observers on and near Kerbin, solar eclipses would be annular.

カービンの観察

潮汐固定のため、ムン地表のうちカービンに面した50%でのみ観察することが出来、残り50%ではその姿を見ることは絶対に出来ない。カービンを天頂で観察できるのはムンの東経でおよそ47°の地点である。ムンの赤道はカービンの赤道と同一平面上にあるため、ムンの赤道上にいる限りカービンの赤道面にいることになる。カービンはムンから潮汐固定を受けているわけではないため、ムンのうち観察できる50%側であればカービン全ての地表を観察することが可能で、裏側であってもカービンの自転にあわせて観察できるようになる。カービンとムンの朔望周期は25617.909秒で、Kerbol太陽日(1日約6時間)では1.18323日である。

サイエンス

ムンにおけるサイエンスポイント乗数は他の天体に比べ、地表上空いずれもかなり低い設定になっている。しかしムン到達は比較的容易であり、多数のバイオームはそれぞれ別の実験結果を得ることができる。そのためゲーム中盤ではミンマスと並び重要なポイント獲得源となる。

時間加速

製品 (0.18.1) デモ (0.13.3)
回転/慣性系変換 100 000 m 5 000 m
時間加速 最低高度
どこでも
5× 5 000 m
10× 5 000 m 20 000 m
50× 10 000 m 50 000 m
100× 25 000 m 100 000 m
1 000× 50 000 m 200 000 m
10 000× 100 000 m 400 000 m
100 000× 200 000 m

ギャラリー

Spoiler: ネタバレ注意 イースターエッグの写真

トリビア

ゲームメニューのMün or Bust!
  • 実装後、当初多くのプレイヤーはMün(uにトレマ)をスペルミスだと思い"moon"と同じ発音をしていた。しかし一部の開発者がムンと言っているのが確認され"muhn"と発音されるようになった。タイトルメニューの"Mün地表"で墜落しているKerbal Xに似た着陸船の側面には"Mün or Bust!"と殴り書きされている。MünMunどちらの表記もプレイヤーに広く一般に受け入れられているが、ゲーム内での表記はMunである。
  • ムンはカービンにとってもゲームにとっての「第1」の月だった。
  • ムンの軌道は完全な円形で軌道傾斜も無いが、これは惑星系形成の過程でチリや小天体だけでなく中心星や他の惑星も存在しないことが必要であり、現実にはこのような機能になる可能性は非常に低い。
    • これは新規プレイヤーでも容易に到達で来るようにするための措置だろう。
    • This also makes it an excellent guideline to use for placing satellites into exact inclinations around Kerbin. By setting Mun as target, the relative inclination described by the maneuver tool also represents the inclination of the satellite's orbit to Kerbin
  • バージョン 0.14.2以前では、ムン地表の高い地点でも高度は600m程度までしかなかった。
  • プロシージャル生成の地表になる前は、標高の高い地点は赤道から南北45度までの範囲に集中し、北半球の大きなクレーターの東側の縁(129.64° W, 0.97° N)の2967mが最高地点だった。
  • バージョン 0.14.3以前ではムンにも宇宙センターがあった。
  • The Mun is considerably larger than 1/10 the size of the real world Moon.
  • The Mun is one of the few bodies in the solar system that is almost completely manually colored (i.e., it uses a color map). Most other planets and moons are colored procedurally or with a lot of procedural colors doing the work. The only procedural colors on the Mun are associated with the procedural craters and a basic noise. The other planets which are manually colored are Tylo (Aside from a tenuous coat of height color map) and Jool (As a gas giant, it must be manually colored)

変更点

1.3
  • Changed displayName to The Mun, removed useTheInName feature.
1.2
  • バイオームを追加。
0.21
  • プロシージャル生成のテクスチャが追加され、クレーターが詳細になった。
0.20.1
  • 高度を元の値に戻す。
0.20
  • 地形オーバーホール。
0.18
0.17
  • テクスチャ改善。
0.16
  • イースターエッグ追加。
0.15
  • テクスチャ改善。
0.14.3
  • ムンにあった宇宙センターを削除(お察しください)。
0.14.2
  • 地形オーバーホール。
0.12
  • 実装。

注釈