Kerbin/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
カービン

(Kerbin)

カービン (Kerbin)
軌道からみたカービン
惑星 (Kerbol周回)
軌道要素と性質
軌道長半径 13 599 840 256 m [Note 1]
軌道遠点 13 599 840 256 m [Note 1]
軌道近点 13 599 840 256 m [Note 1]
軌道離心率 0
軌道傾斜角 0 °
近点引数 0 °
昇交点黄経 0 °
平均近点角 3.14 rad (at 0s UT)
公転周期 9 203 545 s
426 d 0 h 32 m 24.6 s
会合周期 未定義
軌道速度 9284.5 m/s
物理的性質
赤道半径 600 000 m
Equatorial Circumference 3 769 911 m
表面積 4.5238934×1012 m2
質量 5.2915158×1022 kg
標準重力パラメータ 3.5316000×1012 m3/s2
密度 58 484.090 kg/m3
表面重力 9.81 m/s2 (1 g)
脱出速度 3 431.03 m/s
自転周期 21 549.425 s
5 h 59 m 9.4 s
太陽日 21 600.000 s
5 h 59 m 60 s
恒星回転速度 174.94 m/s
同期軌道 2 863.33 km
作用圏 84 159 286 m [Note 1]
大気の性質
大気の有無 ✓ 有
大気圧 101.325 kPa
1 atm
スケールハイト 5 600 m
大気圏高度 70 000 m
1.0×10-6 atm
気温最低 -86.20 °C 186.95 K
気温最高 15 °C 288.15 K
酸素の有無 ✓ 有
サイエンスポイント倍率
地表 0.3
Splashed 0.4
大気(低層) 0.7
大気(上層) 0.9
宇宙(近距離) 1
宇宙(遠距離) 1.5
Recovery 1

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 距離は表面からではなく中心から(ゲーム内と異なる)

Kerbinたちの故郷であり、宇宙センターがある場所である。そのためKerbal Space Programの主な舞台となっている。地球の類似星でもあり、MunMinmusという2つの衛星を持つ。

Kerbinは恒星Kerbolを周回する第3惑星である。Kerbolを周回する天体としてはJoolEveについで3番目に大きい。Joolの衛星TyloはKerbinと半径が同じだが、最高地点が約5 km高いので、Tyloの方が大きな天体として分類されるかもしれない。 しかし、Tyloの質量はKerbinのたった80%しかない。

安定した軌道にのることは、このゲームでプレイヤーが達成する最初のマイルストーンだろう。燃料最適上昇[1]では≈3400 m/sのdelta-vが必要とされ[2] 、これはEveについで2番目に高い値である。多くの惑星間ミッションでは、その半分以上のdelta-VがKerbinの軌道到達に消費される。 地球からの惑星間フライトにおいても同様であり、ある観測者曰く:

軌道にのることができたら、何処へ行こうとも、半分着いたようなものだ。

ロバート・ハインライン, ジェリー・パーネル『A Step Farther Out』194ページより


ゲーム内の説明

独特の世界。Kerbinには平らな大地、そびえ立つ山々、広く青い海がある。Kerbalたちの故郷であり、頑張り屋で緑色をした生物の、その無尽蔵な人口を支えるには持ってこいの環境だ。

安定した軌道に達することは、宇宙開発の最初の難関である。船を軌道に載せることができたら、どこへでも半分来たようなものだと言われている。

Kerbal天文学会

地形

0.18.2での表面の地勢図 クリックで拡大 by Zeroignite

Kerbinの地表面はおよそ均等に海と陸地に分けられている。極は氷で覆われており砂漠も散在する。山々の標高は6 kmを超え、最高峰は6761 mで、座標は46.4° E 61.6° Nである。最低地点は深さ約1.4 km、宇宙センターから方位313°の南西にある。

クレーター

最も分かりやすいクレーターを中心にした地表モデル

他の天体と違い、目に見えるクレーターは少ない。これは大きな月に遮られたり、月の引力に引きつけられて、突入してくる隕石が少ないのと、衝突してもクレーターが侵食されるためと考えられる。しかし、いくつか大きな衝突があったことを示す痕跡は見られる:2つのクレーターが天体をはさんで正反対の位置にある。最も侵食が少ないので最も新しいものだと思われ、どちらも(2つとも直径100 km超)海岸線にある。縁の盛り上がりは島になっていて分かりやすい。また、中心部も海から突き出た山になっている(リバウンド・ピークという)。他に、古い2つのクレーターが北半球の子午線付近にあり、分かりにくいが縁とリバウンドピークを見ることができる。

バイオーム

Kerbinのバイオーム

0.90以前、複数のバイオームを持つ数少ない天体の一つだった。サイエンス 実験はすべてのバイオームで可能だが、Kerbinの倍率は低いので他の遠い惑星より良い成果は得られない。Kerbinのバイオームは地球のバイオームや地理と大まかに一致している。しかしKerbinにはKSCを含む33の特殊なバイオーム地点があり、各施設やその建物・ロケット運搬路・旗・KSCそのものからなり、キャリアモードでサイエンスポイントを稼いでジャンプスタート決めるのに役立つ。

惑星バイオームリスト

バイオームマップ(0.90.0)
  • Ice Caps
  • Tundra
  • Highlands
  • Mountains
  • Grasslands
  • Deserts
  • Badlands
  • Shores
  • Water

KSCバイオームリスト

  • KSC
    • Administration
    • Astronaut Complex
    • Crawlerway
    • Flag Pole
    • LaunchPad
    • Mission Control
    • R&D
      • R&D Central Building
      • R&D Corner Lab
      • R&D Main Building
      • R&D Observatory
      • R&D Side Lab
      • R&D Small Lab
      • R&D Tanks
      • R&D Wind Tunnel
    • Runway
    • SPH
      • SPH Main Building (Roof)
      • SPH Round Tank
      • SPH Tanks
      • SPH Water Tower
    • Tracking Station
      • Tracking Station Dish East
      • Tracking Station Dish North
      • Tracking Station Dish South
      • Tracking Station Hub
    • VAB
      • VAB Main Building (Roof)
      • VAB Pod Memorial
      • VAB Round Tank
      • VAB Tanks

大気

Kerbinには酸素を含む大気があり、およそ69,078メートルまで覆われている。大気は5 kmごとに指数関数的に希薄になる。 [3] ある高度(メートル)での大気圧は、次のように求められる。

Kerbinの厚い大気は再突入や着陸の際にエアロブレーキングパラシュートを使うのに適している。version 0.19から、ある速度以上で飛行する物体に実害のない超音速、断熱圧縮(再突入)エフェクトが追加された。大気圏内の低高度を飛ぶデブリはアクティブな機体から2 km以上離れると見えなくなるが、およそ23 kmまでは消滅しない。切り離されたステージは、アクティブな機体が影響を受けるような厚い大気のなかを飛行しても安定した軌道を保つことがある[outdated]

以下の表は、高度と終端速度の対応を示すものである。また、この速度はKerbinからの燃料最適上昇をする際の速度でもある。[4]重力ターン開始後の最適速度は表の速度よりも低くなる。[5]

高度 (m) 速度 (m/s)
75 100.8
1000 109.3
2000 119.3
3000 130.2
4000 142.2
5000 155.2
6000 169.4
7000 184.9
8000 201.8
9000 220.3
10000 240.5
12500 299.4
15000 372.8
20000 577.9
32000 1655.1

軌道特性

人工衛星 Stayputnik MK2

同期軌道は軌道長半径3 463.33 kmである。Kerbin静止軌道(KEO)は高度2 863.33 kmの円軌道で、速度1 009.81 m/sである。赤道上70 kmの低軌道なら、近点速度676.5 m/s、遠点速度434.9 m/sを必要とする。準同期軌道は、周期がKerbin自転周期の½(2時間59分34.7秒 または 10774.7秒)、高度1 581.76 km、軌道速度1 272.28 m/sである。

Kerbinのヒル球(衛星が重力的に安定する主星からの距離範囲)は136 185 km、およそKerbin半径の227倍である。

惑星間航行

Kerbinの最低安定軌道(70 km)から以下の天体に到達するには以下のdelta-Vが必要である。

天体 Delta-V
Mun ~860 m/s
Minmus ~930 m/s
Eve ~1033 m/s
Duna ~1060 m/s
Moho ~1676 m/s
Jool ~1915 m/s
Eeloo ~2100 m/s
Kerbol脱出 ~2740 m/s

参考までにKerbin低軌道からKerbin静止軌道へのデルタVは1.12km/s。

時間加速

製品 (0.19.1) デモ (0.18.3)
回転/慣性系変換 100 000 m 100 000 m
時間加速 最低高度
どこでも
5× 70 000 m (大気圏以上)
10× 70 000 m (大気圏以上)
50× 70 000 m (大気圏以上)
100× 120 000 m
1 000× 240 000 m
10 000× 480 000 m
100 000× 600 000 m

ギャラリー

Spoiler: ネタバレ画像

変更点

0.90
  • バイオーム追加
0.24
  • 太陽日が6時間になるように回転速度を変更。(これまでは恒星日が6時間だった)(自転速度そのもは変わっていない)
0.22
  • バイオームを追加。
0.21
  • 地形をより詳細で面白いものに修正。
0.19.1
  • 発射場の燃料タンクのはしごを修正。
0.19
  • 発射場付近を新たなメッシュにした。(ランチタワーがなくなった)
  • 滑走路を新たなメッシュにし、ローバーにライトと傾斜したエッジを追加。
0.18
  • 地形をオーバーホール:惑星全体を修正。砂漠、より暗くてより緑色の草原、島、より暗い海/水域、雪をかぶった山。よりリアルになった。
  • いくつかのイースターエッグを追加。
  • KSC沖の島に飛行場を追加(発射場ではない)
0.17
  • 大気のビジュアルを向上。
0.15
0.14.2
  • 変化に富み、より高い地形を追加。これに先立ち、いくつかの山の高さが600m以上にされ、最高峰は約900m。
0.12
0.11
  • 地形オーバーホール、海が液体になった。
0.10.1
  • 大気が~34,500 mから~69,000 mになった。
0.7.3
  • 初リリース

トリビア

Kerbinの大陸はコヒーレント・ノイズを生成するライブラリ、libnoise[7] から作られた。が、少しずつ修正されてきている。

注釈

  1. 燃料最適上昇とは、(a)重力と空気抵抗による速度の低減を最小限にし、(b)東(方位90度)に向かって打ち上げることで、Kerbinの自転の力によって軌道速度174.5 m/sを得ることである。
  2. this challenge on the forum と、Kerbin delta-V chartを参照。
  3. Forum thread 16000, "[KGSS] Kerbin大気調査"
  4. http://forum.kerbalspaceprogram.com/showthread.php/6664-Mini-challenge-max-altitude-with-this-supplied-spacecraft?p=100912&viewfull=1#post100912
  5. http://www.reddit.com/r/KerbalSpaceProgram/comments/1kov5z/a_handy_chart_i_made_for_the_most_efficient/cbrdvuo
  6. http://forum.kerbalspaceprogram.com/entry.php/247-A-Brave-New-World
  7. http://libnoise.sourceforge.net/examples/complexplanet/