Resource/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
0.20.2で追加されたResourceウィンドウ
アイコン

Resource(動力源)は特定パーツの機能を使用することで消費あるいは生産される資源の総称で、パーツごとに生産・消費・保存できる動力源の種類は決められている。Common resources include liquid fuel and oxidizer, both of which are used in liquid engines, and electric charge, which has many different applications.

出発時は各動力源が満載された状態になっている。動力源の残量は画面右上のResourcesアイコンをクリックすることでグラフが表示される。

Available resources

以下の表は動力源の一覧である。

動力源 密度 (kg/unit) コスト (Fund/unit) 機内供給 生産手段 保存手段
Electric Charge 0 0 機体全体[Note 1] ✓ 有 ✓ 有
Liquid Fuel 5 0.8 隣接部のみ × 無 ✓ 有
Oxidizer 5 0.18 隣接部のみ × 無 ✓ 有
Intake Air 5 0 機体全体 ✓ 有 × 無
Solid Fuel 7.5 0.6 自己消費 × 無 ✓ 有
Monopropellant 4 1.2 機体全体[Note 1] × 無 ✓ 有
EVA Propellant 0 0 無し ✓ 有 × 無
Xenon Gas 0.1 4 機体全体[Note 1] × 無 ✓ 有
Ore 10 0.02 機体全体 × 無 ✓ 有
Ablator 1 0.5 自己消費 × 無 × 無
  1. 1.0 1.1 1.2 0.23.5以降は燃料ラインで接続しなくても第1段のタンクから優先して消費されるようになった。


機内供給の性質

  • 隣接部のみ : 接続ポイントに直接接続されている部分にのみ供給される。一部のタンクから優先して不均一に消費されていく。
  • 機体全体 : 機体に設置されている全てのパーツへ供給される。全てのタンクから均等に消費される。
  • 自己消費 : 他のパーツには供給せず自身でのみ消費する。
  • なし : 手動による移し変えをしない限り、他のパーツへ供給されない。

Flow, transfer and crossfeed

ドッキングした機体間でのmonopropellant移し変え

ほとんどの動力源は手動による"Transfer"(移し変え)が可能で、一方の右クリックメニューを表示した状態で、もう一方をMod+右クリックすることでメニューに"in""out"ボタンが追加される。移し変えは一方が空になるか満杯になると自動的に止まるが、"Stop"ボタンを押すことで手動でも停止することが出来る。複数の動力源を同時に移し変えることも可能で、その場合は同時に全ての右クリックメニューが開いている必要がある。右クリックメニューが閉じると移し変えも中断される。

いくつかのパーツには"Fuel Crossfeed Capable"(燃料通過可能)と記載されており、which means that they allow fuel to move automatically through them to other parts that are attached to them. Fuel crossfeed can be disabled on any capable part via the right-click menu.

Another way to transfer resources is using a separate part. This is currently only possible for liquid fuel and oxidizer, using the FTX-2 External Fuel Duct.

Liquid fuel engines need the source of fuel directly adjacent to it or a connection via the fuel duct.