Pol/ja

From Kerbal Space Program Wiki
< Pol
Jump to: navigation, search
ポル

(Pol)

ポル (Pol)
軌道からみたポル
衛星 (Jool周回)
軌道要素と性質
軌道長半径 179 890 000 m [Note 1]
軌道遠点 210 624 207 m [Note 1]
軌道近点 149 155 794 m [Note 1]
軌道離心率 0.171
軌道傾斜角 4.25 °
近点引数 15 °
昇交点黄経 2 °
平均近点角 0.9 rad (at 0s UT)
公転周期 901 903 s
41 d 4 h 31 m 42.6 s
会合周期 909742.2 s
軌道速度 1 055 to 1 489 m/s
Longest Time Eclipsed 11381 s
物理的性質
赤道半径 44 000 m
Equatorial Circumference 276 460 m
表面積 2.4328494×1010 m2
質量 1.0813507×1019 kg
標準重力パラメータ 7.2170208×108 m3/s2
密度 30 305.392 kg/m3
表面重力 0.373 m/s2 (0.038 g)
脱出速度 181.12 m/s
自転周期 901 902.62 s
41 d 4 h 31 m 42.6 s
恒星回転速度 0.30653 m/s
同期軌道 2 415.08 km
作用圏 1 042 138.9 m [Note 1]
大気の性質
大気の有無 × 無
サイエンスポイント倍率
着陸 12
着水 N/A
低高度宇宙 9
高高度宇宙 8
回収 8

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 距離は表面からではなく中心から(ゲーム内と異なる)

PolJoolは第5衛星である。かなり荒く、大きな山々がある地形は花粉に似ている。

PolはKerbol系の中でEveの衛星Gillyに次いで2番目に表面重力が低い。 そのため着陸船に液体燃料ロケットエンジンは必要なく、RCSスラスターのみで着陸できるだろう。しかし山・渓谷・45度斜面・ギザギザした岩など危険に満ちた地形や、作用圏が小さいため、経験の浅いパイロットには難しい着陸となるかもしれない。

ゲーム内説明

この衛星は花粉のように見えるので、埃っぽい環境にある望遠鏡では特に発見するのが難しかった。

Polもやはりゴミを取り除こうと必死にあがいたあげく、諦めて花粉の位置を記したところ発見された。

Kerbal天文学会

軌道

Joolから遠い軌道を周り、やや離心率と傾斜角があるので、GillyBopのように捕獲された小惑星のようだ。 PolはJoolに回転同期している。

地形

Polのデコボコした地表、背景にJoolとLaythe

Polにはたくさんのユニークな特徴がある。地表はシワのような起伏に富む。尖った山が多く、高さ4km・幅数キロに及ぶ非常に大きな崖がある。 山脈は円形になっていてボール型の谷をつくっている。地表の色は茶色から淡い黄色、淡い緑をしている。リンか硫黄を含んだ様々な成分で構成されているようだ。鋭く尖った妙な岩で覆われている。

起伏が多いと言っても、Bopより重力が低いにもかかわらず、Bopほど不規則ではない。 これは火山活動によって地表が慣らされている可能性、もしくは比較的低速度・低温の衝突・付着で形成された可能性を示している。

低重力、険しい地形のためローバーを走らせるのは困難だ。

Terrain scatterをオンにすると、すこし尖った、ねじられたような岩が見える。

バイオーム

4つのバイオームがある。

バイオームリスト

バイオームマップ(0.90.0)
  • Poles
  • Lowlands
  • Midlands
  • Highlands

時間加速

回転/慣性系変換 100 000 m
時間加速 最低高度
どこでも
5× 5 000 m
10× 5 000 m
50× 5 000 m
100× 8 000 m
1 000× 12 000 m
10 000× 30 000 m
100 000× 90 000 m

3000m以下の軌道はやめておくのが賢明だ。必ず山か尖峰、平地に激突する。

トリビア

  • Polという名前はその気持ち悪い見た目が花粉に似ていることから付けられた。
  • ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルのテレビ番組The Incredible Dr. Polとも何かしらの関係があるのかもしれない。

ギャラリー

変更点

0.90
  • バイオーム追加
0.18.2
  • 質量を3.16倍に増加、軌道長半径を増加
0.18
  • 実装