Kerbol/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
カーボル

(Kerbol)

カーボル (Kerbol)
軌道からみたカーボル
恒星
物理的性質
赤道半径 261 600 000 m
Equatorial Circumference 1 643 681 276 m
表面積 8.5997404×1017 m2
質量 1.7565459×1028 kg
標準重力パラメータ 1.1723328×1018 m3/s2
密度 234.23818 kg/m3
表面重力 17.1 m/s2 (1.747 g)
脱出速度 94 672.01 m/s
自転周期 432 000.00 s
20 d 0 h 0 m 0 s
恒星回転速度 3 804.8 m/s
同期軌道 1 508 045.29 km
作用圏
大気の性質
大気の有無 ✓ 有
大気圧 16.0000 kPa
0.157908 atm
スケールハイト 43 429 m
大気圏高度 600 000 m
1.6×10-7 atm
気温最低 3741.80 °C 4014.95 K
気温最高 9348.05 °C 9621.2 K
酸素の有無 ✓ 有
サイエンスポイント倍率
地表 N/A
Splashed N/A
大気(低層) 1
大気(上層) 1
宇宙(近距離) 11
宇宙(遠距離) 2
Recovery 4

Kerbol (公式では太陽あるいは恒星と呼ばれる)はKerbol系の中心にある星である。バージョン 0.90現在MohoEveKerbinDunaJoolの5つの惑星とDresEelooの2つの準惑星が周回している。

現実の太陽と比較して、1/113の質量と1/3の半径を持つ。K型主系列星の温度、赤色矮星の半径、Kerbinの温度に基づくと3ヨタワットの光度(0.02太陽光度)、準褐色矮星の質量を持つ。恒星の最低質量は木星の75倍、Kerbolの10倍の力なので、現実にはこのような恒星は存在し得ないが、KSPの殆どの天体物理的性質はあえてスケールダウンされている。

ゲーム内の説明

太陽は、昼間の空で最もよく知られているオブジェクトである。科学者は、長時間見つめていた場合、特定の灼熱感、視力低下が起こる可能性を指摘している。この輝くオブジェクトの効果が標準的な緑たちに影響を及ぼすことに留意しておくことが特に重要である。

Kerbal天文学会

Kerbolへ行くには

Kerbinの軌道からKerbolへはホーマン遷移軌道を使って到達できるが、それには8 km/sのΔVが必要とされる。最も効率的な到達方は二重楕円遷移である。充分な遠点をとることによって、「太陽ダイブ」に必要なΔVを4 km/sに減らすことができるが、飛行時間の長期化という代償がともなう。

表面の軌道周期は409.214分、速度は66.945 km/s。対地高度1,340mあたりで温度が急激に上昇し機体とEVA中のにダメージを与える。この高度が持続可能な最低高度であるが、捨て身ならばさらに低い高度へダイブをすることは可能である。

Kerbolの作用圏は無限大である。Kerbolの重力からは逃れられず、その周回軌道から離脱することもできない。軌道遠点がある点まで到達すると、到達に68年かかるとゲームに表示される。この奇妙な現象が起こるのは、Kerbal Space Programの時間が232-1秒までに制限されているためである。

しかしながら、debug menuからエンジン推力を10 MNのように変え、燃料無限チートを有効にすればKerbolから「逃げる」ことは可能である。実際に離脱するわけではないが、info tabの機体の状況が「escaping」と表示される。プロットされたコースの終点まで行き着くと、機体がコースをプロットし始める。何が起こるのか調べるには数年かかるだろうが、おそらくこれは無期限に続くと思われる。

外見

Kerbolの赤道半径は木星のおよそ4倍、Joolの半径の43.6倍であり、現在知られる中で最大の天体である。 Kerbolの熱はどんな機体も破壊する。"No crash damage"チートが有効にされていても同じであり、そのためKerbolへの着陸は不可能である。

Squadは長期計画として太陽フレアとプロミネンスの実装を予定しおり、そうなればKerbolの低軌道はより危険になる。[要出典] 現在、機体が接近できる高度はオーバーヒートによる爆発が起こる手前のおよそ1,300kmである。Kerbolへの着陸方は知られていない。エディットされたパーツを表面に置くことはできるが、爆発しなかったとしても、数百~数千m/sで不規則に弾んでしまう。

バージョン0.11までのKerbolはSkyboxの中の「表面」の存在しない光る点であり、到達することはできなかった。バージョン0.13.3までは「表面」下に落ちても安全だったが、極端な重力傾斜によって機体が壊れたり、もしくは光速に近い速度で吹き飛ばされたりした。

充分近ければ、黒いスポットがあるのが分かる。

時間加速

時間加速 最低高度
どこでも
5× 3 270 000 m
10× 3 270 000 m
50× 6 540 000 m
100× 13 080 000 m
1 000× 26 160 000 m
10 000× 52 320 000 m
100 000× 65 400 000 m

Kerbolのすべての軌道は慣性系にある。以前のデモ版では、時間加速限界が低くなるよう充分近づくと深宇宙クラーケン攻撃が起こった。

トリビア

  • 「Kerbol」という名前はフォーラムのメンバーの間でつくられたものでゲーム内表記にはない。公式には「太陽」とされているが、開発リーダーは他の恒星が作られた場合は、区別するために名称を変える可能性はあると言及している。
  • また「Kerbol」は「Kerbal」と「sol(ラテン語で太陽)」のかばん語になっていると言える。
  • Kerbolの表面重力はKerbinの2倍弱で、Eveよりわずかに大きい程度である。

ギャラリー

変更

0.18.2
  • 外観を変更
0.17
  • 実体のあるモデル、後光・フレア効果追加、サイズ変更
0.14
  • 個体表面(公称半径から4500–4700 kmの平坦で見えない表面)を追加
0.12
  • 重力と公称半径65,400 kmを追加
0.11
  • 到達可能になる
0.7.3
  • 実装