Ike/ja

From Kerbal Space Program Wiki
< Ike
Jump to: navigation, search
アイク

(Ike)

アイク (Ike)
軌道からみたアイク
衛星 (Duna周回)
軌道要素と性質
軌道長半径 3 200 000 m [Note 1]
軌道遠点 3 296 000 m [Note 1]
軌道近点 3 104 000 m [Note 1]
軌道離心率 0.03
軌道傾斜角 0.2 °
近点引数 0 °
昇交点黄経 0 °
平均近点角 1.7 rad (at 0s UT)
公転周期 65 518 s
3 d 0 h 11 m 57.9 s
会合周期 65766.7 s
軌道速度 298 to 316 m/s
Longest Time Eclipsed 2153 s
物理的性質
赤道半径 130 000 m
Equatorial Circumference 816 814 m
表面積 2.1237166×1011 m2
質量 2.7821615×1020 kg
標準重力パラメータ 1.8568369×1010 m3/s2
密度 30 231.777 kg/m3
表面重力 1.10 m/s2 (0.112 g)
脱出速度 534.48 m/s
自転周期 65 517.862 s
3 d 0 h 11 m 57.9 s
恒星回転速度 12.467 m/s
同期軌道 1 133.90 km
作用圏 1 049 598.9 m [Note 1]
大気の性質
大気の有無 × 無
サイエンスポイント倍率
着陸 8
着水 N/A
低高度宇宙 7
高高度宇宙 5
回収 5

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 距離は表面からではなく中心から(ゲーム内と異なる)

IkeDunaの唯一の衛星である。急峻でゴツゴツした表面をしており、大気はない。 IkeとDunaは互いに同期回転(自転と公転の同期)している。つまり互いに相手の半分の面しか見えない。

IkeへのエンカウントはDunaへ接近中に起きやすい(軌道平面がIkeの軌道に近い時など)。これはIkeの作用圏が、軌道長半径と比較して非常に大きいためである。実際ゲーム内でIkeほど作用圏-軌道長半径の比が大きい衛星、主星と質量が近い衛星は他にない。(Ikeの質量はDunaの約16%)

Ikeの静止軌道は存在し得ない。Ikeの静止軌道は高度1 133.90 kmだが作用圏の外側にあるからだ。 しかしIkeとDunaは互いに同期回転しているので、Dunaの静止軌道に乗れば、まるでIkeの静止軌道にいるかのように、回転しないIkeを近くから観察できる。ただし、Ikeには若干の離心率と軌道傾斜角があるので完全に静止して見えるわけではない。

Dunaがゲーム内の火星とされているのに対し、Ikeはフォボスにもダイモスにも似ていない。DunaとIkeの関係は、冥王星とカロンの関係に近いと言える。カロンは現実の太陽系の中で最も質量が主星に近い衛星である。

ゲーム内説明文

IkeはDunaの周りを回る、比較的大きなグレーの物体である。

Ikeは主星の周りを回ろうとするあらゆる物体を邪魔するために配置された、と科学者たちは仮定した。

Kerbal天文学会

静止特性と秤動

Ikeは常にDunaの狭い範囲の上空を行ったり来たりしており、Ikeが天頂くるDunaの経度は東経0°~3°である。 また、Dunaから見ると時間によって微妙に大きくなったり小さくなったりする。 これはIkeが離心率を持っているためである。 Ikeが天頂にくるDunaの緯度もまた、北緯0.2~南緯0.2の間で振動する。これはIkeの軌道傾斜角によるものである。 そのためIkeはDunaから見ると上にいったり下にいったりするが、この動きは極めて小さいのでほとんど知覚できない。 これらの現象をまとめて秤動という。Ikeが地平線上にくるDunaの90°W~84°W、90°E~96°Eの範囲では、 秤動のため、Ikeが少なくとも部分的に地平線から昇ったり沈んだりするのが観察できる。同様に89.8°Nより北、89.9°Sより南でも見れる。

Dunaの周回軌道高度50kmからIkeの周回軌道10kmまで行くにはおよそ435m/sのデルタVが必要である。

地形

Ikeは極めて起伏に富んでいる。Munの65%の半径、42%の表面積しか無いにも関わらず、最高地点は高度12.75kmとMunの3倍以上ある。 高い標高と小さなサイズのため急斜面が多く、着陸をかなり難しくしている。谷底なら比較的安全に降りられるだろう。

Ikeにはクレーターが見当たらない。同じく大気がなくIkeより少し大きい程度のMunにはたくさんのクレーターがあることを考えるとこれはかなりおかしい。

地面は暗い灰色で、Munなど他の岩石衛星より明らかに暗く、terrain scatterをオンにすると斑点状になっている。 地面が太陽光を反射しないことがあるため、昼であっても地面を見ていると夜だと錯覚する。

バイオーム

Ikeには8つのバイオームがある。北極と南極でバイオームが分かれている天体はIkeとMohoだけである。

バイオームリスト

バイオームマップ(0.90.0現在)
  • Polar Lowlands
  • Midlands
  • Lowlands
  • Eastern Mountain Ridge
  • Western Mountain Ridge
  • Central Mountain Range
  • South Eastern Mountain Range
  • South Pole

隠し要素

Spoiler:
極軌道に緑の帯とモノリスのついた約100立方メートルの岩がある。重力はない(逆に影響も受けない)。無効なcollision boxになっていて、着陸しようとしても必ずなんらかの爆発に終わる。ログで「Ship crashed into magic boulder」と表示されるので公式に「Magic Boulder(魔法の岩)」という名前が与えられているようだ。YouTuberのスコット・マンレイによって8メートルまで接近した動画が作られていて、すばらしい映像を見ることが出来る(http://www.youtube.com/watch?v=WJBSea-3DHs )。しかしこれは以前のバージョンのものであり岩は全て消えている。

時間加速

回転/慣性系変換 100 000 m
時間加速 最低高度
どこでも
5× 5 000 m
10× 5 000 m
50× 10 000 m
100× 25 000 m
1 000× 50 000 m
10 000× 100 000 m
100 000× 200 000 m

ギャラリー

変更点

0.90
  • バイオーム追加
0.17
  • 実装