Gilly/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
ギリー

(Gilly)

ギリー (Gilly)
軌道からみたギリー
衛星 (Eve周回)
軌道要素と性質
軌道長半径 31 500 000 m [Note 1]
軌道遠点 48 825 000 m [Note 1]
軌道近点 14 175 000 m [Note 1]
軌道離心率 0.55
軌道傾斜角 12 °
近点引数 10 °
昇交点黄経 80 °
平均近点角 0.9 rad (at 0s UT)
公転周期 388 587 s
17 d 5 h 56 m 27.4 s
会合周期 417243.4 s
軌道速度 274 to 945 m/s
Longest Time Eclipsed 5102 s
物理的性質
赤道半径 13 000 m
Equatorial Circumference 81 681 m
表面積 2.1237166×109 m2
質量 1.2420363×1017 kg
標準重力パラメータ 8 289 449.8 m3/s2
密度 13 496.328 kg/m3
表面重力 0.049 m/s2 (0.005 g)
脱出速度 35.71 m/s
自転周期 28 255.000 s
1 d 1 h 50 m 55 s
恒星回転速度 2.8909 m/s
同期軌道 42.14 km
作用圏 126 123.27 m [Note 1]
大気の性質
大気の有無 × 無
サイエンスポイント倍率
着陸 9
着水 N/A
低高度宇宙 8
高高度宇宙 6
回収 6

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 距離は表面からではなく中心から(ゲーム内と異なる)

Gillyはちっぽけな小惑星、Eveで唯一の自然衛星であり、Kerbol系で最も小さい天体である。

ゲーム内の説明

GillyはEveの軌道をさまようデコボコとした岩であり、Kerbal天文学会が発見した中では遥かに一番小さい天体である。

その発見には斜視と眼精疲労の悪化を伴ったことにより、いまや眼鏡をかけることは熟練の天文学者になることと同じことだ。

Kerbal天文学会

地勢

Gillyの地勢図

Gillyの地表には多くの急斜面と滑らかな領域があり、きわめてダイナミックでデコボコしている。また、この星は不規則衛星と考えられている。GillyはKerbol系のどの天体よりも小さい質量と重力を有しており、そのために大気は存在しない。
Gillyの色は固形炭素の高い含有量によるものなのかもしれない。setting menu で terrain scatters が有効になっていれば小さな岩が地表に現れる。

バイオーム

3つのバイオームがある。Kerbol系で最も少ない。

バイオームリスト

バイオームマップ(0.90.0)
  • Lowlands
  • Midlands
  • Highlands

重力

GillyはKerbin表面重力の0.5%という、Kerbol系で最小の重力を有しており、これはJool衛星のPolと比べても半分しかない。そのためGillyの地表を歩くことは実際には不可能であり、数歩歩いただけで緑は数メートル空中に投げ出される。また、1000メートルを越えるジャンプが可能であり、地表に戻ってくるまで通常200秒ほどかかる。このことから、この星で移動するにはジェットパックが必要不可欠である。
また低重力は、その星の持つ影響圏が非常に小さくなることを意味するため、エンカウントは非常に難しいものとなる。たとえ機体の軌道がGillyの軌道面近くだったとしても、Eveに近づこうとしてたまたまGillyの重力圏に入ってしまう、なんてことは起こりえないだろう。Gillyの質量がEveの質量と比べてとても小さいことで、結果としてその軌道の長半径と比べて作用圏が非常に小さくなっている。実際、ゲーム内において、これよりも質量の比率が小さい衛星は存在しない。
Gillyの重力は少ない燃料での惑星間ミッションとしては理想的であるものの、しかしながらその偏心的かつ傾斜した軌道は、エンカウントをさらに難しく、高燃費なものにするかもしれない。

着陸

その非常に小さい質量、急斜面、超偏心的な軌道から、Gillyへの着陸は非常に挑戦的なものになり、エンジンを吹かしすぎると機体は容易に回転してしまう。また、Gillyの奇妙な形状と速い自転によって、地表の最頂点付近では相対速度が5m/s近くにまでおよぶ。一部のプレイヤーのアドバイスによれば、赤道近くに着陸する際、機体を少し横に傾けてnavball上順行方向に保ち、コリオリの力に対抗すればいいそうだ。着陸の際の転倒を防ぐには、目視による速度の調整が必要かもしれない。これには手動でのRCSスラスターの操作に長けていること、また着陸船のSASをアクティブにしてあることが求められる。
以前はポリゴンメッシュのクリッピングバグによって、Gillyへの着陸はより一層危険なものであったが、この問題はバージョン 0.17.1で修正されている。
ただ、Gillyからの離脱ははるかに簡単だ。-EVAジェットパックを用いれば、容易に緑をひとりぼっちで軌道に乗せたり、また脱出軌道に合わせたりすることができる。実際、探査機から緑をGilly周回軌道に展開、地表へと下降させることで、他の燃料源を使うことなく緑を着陸させることができる。また、navballが無いことでいくらか難易度が上がるものの、50%を少し下回る程度のパック燃料を残して、軌道上の宇宙船とランデブー、帰還させることも可能だ。

時間加速

時間加速 最低高度
どこでも
5× 8 000 m
10× 8 000 m
50× 8 000 m
100× 20 000 m
1 000× 40 000 m
10 000× 80 000 m
100 000× 100 000 m

ギャラリー

変更点

0.90
  • バイオーム追加
0.17.1
  • 地表ポリゴンの問題を修正
0.17
  • 実装