Moho/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
モーホー

(Moho)

モーホー (Moho)
軌道からみたモーホー
惑星 (Kerbol周回)
軌道要素と性質
軌道長半径 5 263 138 304 m [Note 1]
軌道遠点 6 315 765 981 m [Note 1]
軌道近点 4 210 510 628 m [Note 1]
軌道離心率 0.2
軌道傾斜角 7 °
近点引数 15 °
昇交点黄経 70 °
平均近点角 3.14 rad (at 0s UT)
公転周期 2 215 754 s
102 d 3 h 29 m 14.2 s
会合周期 2918346.4 s
軌道速度 12 186 to 18 279 m/s
物理的性質
赤道半径 250 000 m
Equatorial Circumference 1 570 796 m
表面積 7.8539816×1011 m2
質量 2.5263314×1021 kg
標準重力パラメータ 1.6860938×1011 m3/s2
密度 38 599.500 kg/m3
表面重力 2.70 m/s2 (0.275 g)
脱出速度 1 161.41 m/s
自転周期 1 210 000.0 s
56 d 0 h 6 m 40 s
太陽日 2 665 723.4 s
123 d 2 h 28 m 43.4 s
恒星回転速度 1.2982 m/s
同期軌道 18 173.17 km
作用圏 9 646 663.0 m [Note 1]
大気の性質
大気の有無 × 無
サイエンスポイント倍率
地表 10
Splashed N/A
宇宙(近距離) 8
宇宙(遠距離) 7
Recovery 7

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 距離は表面からではなく中心から(ゲーム内と異なる)

MohoKerbol恒星系で最も内側の惑星であり、Kerbol Space Programでは水星の類似物として登場する。 大気と衛星を持っていないという点でDresEelooと共通している。0.90現在、Kerbolの潮汐力の影響による同期回転はしていない。 Mohoの軌道は僅かな傾斜角と離心率があり、さらに大気(空力ブレーキ)と衛星(重力アシスト) がないことによって、Mohoへのエンカウンターと軌道投入は難しくなっている。

ゲーム内の説明

Mohoは流れる溶岩の海を持つ燃えさかる地としてKerbalの神話に登場する。しかし現実には、それほど面白くはない。

科学者たちは、どうすればその神話のように素晴らしくなるかとあれこれ思索している。これらのアイデアのいくつかは、航空宇宙技術の新たなブレークスルーにつながっている。

Kerbal天文学会

名称

Mohoは マントルを形成するマグマの外側の層を意味する名称である。(モホール計画の到達目標だった。) ゲーム内説明のようにマグマの川や海が流れていると信じたによって付けられたのかもしれない。

地勢

Mohoの 表面は、ライトブラウンの高原とダークブラウンの海が広がっている。 北半球にある標高の高い地点は6817mである。 クレーターだらけではあるが、KerbinJoolの衛星ほどは侵食されていない。 Mohoには大気がないため、侵食はおそらくKerbolとの潮汐摩擦によるもので、それが火山活動を誘発し、クレーターを埋めている。[要出典] パッチ0.18からMohoの火山活動が削除されたことは、Mohoの火山活動が周期的であることを証明した。 Mohoの(ある程度の地質学的時間スケールで起こる)火山活動が止まるまでは、その様子が確認できたに違いない。

Mohoにはなだらかなブラウンの盆地がある。これらの盆地が火山活動を生み出しているのだろう。

Mohoの北極と南極付近に非常に深い穴が2つが存在する。 分析と衛星探査によって北側のクレーターは5km以上の深さがあることが明らかになった。 (探査機は底に行き着く前に狭い峡谷の壁に激突してしまった。) その後、100m単位で深さを測定するために3機の探査機が送り込まれた。 最終的な分析では、北側の穴は、最後に最深部まで到達した探査機による4.6 kmとなっている。 [1] この穴は溶岩洞の可能性がある。 全貌を知るには、峡谷の側をより詳しく分析する必要がある。 これらの穴はMohole(モホール)とよく呼ばれる。(モホール計画参照)

バイオーム

12のバイオームがある。北極と南極で異なるバイオームがあるのはIkeとMohoだけである。 北極にはNorthern Sinkholeという大きな陥没穴がある。

バイオームリスト

バイオームマップ(0.90.0)
  • North Pole
  • Northern Sinkhole Ridge
  • Northern Sinkhole
  • Highlands
  • Midlands
  • Minor Craters
  • Central Lowlands
  • Western Lowlands
  • South Western Lowlands
  • South Eastern Lowlands
  • Canyon
  • South Pole

軌道特性

Mohoの同期軌道と準同期軌道は存在しない。存在するためには18 182.08 kmと11 361.48 km の高度が必要だが、いずれもMohoの作用圏を超えている。

時間加速

時間加速 最低高度
どこでも
5× 10 000 m
10× 10 000 m
50× 30 000 m
100× 50 000 m
1 000× 100 000 m
10 000× 200 000 m
100 000× 300 000 m

太陽系の相対物

MohoはKerbol系での水星の類似物である。どちらも大気が無いか少ない天体のようなクレーターのある景観である点が共通している。また、どちらの惑星も恒星に最も近く、衛星を持っていない点でも同じである。しかし一方で、Mohoはブラウンのテクスチャだが、水星はグレーからダークグレーである。さらに、水星は気圧10⁻¹³ kPaという非常に希薄な大気をまとっているが、Mohoには全くない。ただ、気圧10⁻¹³ kPa (≃ 10⁻¹⁵ atm)という値はPresMat Barometerでは測定されないほどのものだろう。

ギャラリー

変更点

0.90
  • バイオーム追加
0.21
  • プロシージャ生成のテクスチャが追加され、クレーターが詳細になった。
0.18
  • 全体的にクレーターが増えた。
  • 色が赤からブラウンに変更。
  • 過熱大気でなくなった。
  • 自転と公転の同期がなくなる。
  • 質量が減少。
0.17
  • 実装。

注釈

  1. Moho's Secrets Revealed”in the forums measuring the depth of the northern pit.