Tylo/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
タイロー

(Tylo)

タイロー (Tylo)
軌道からみたタイロー
衛星 (Jool周回)
軌道要素と性質
軌道長半径 68 500 000 m [Note 1]
軌道遠点 68 500 000 m [Note 1]
軌道近点 68 500 000 m [Note 1]
軌道離心率 0
軌道傾斜角 0.025 °
近点引数 0 °
昇交点黄経 0 °
平均近点角 3.14 rad (at 0s UT)
公転周期 211 926 s
9 d 4 h 52 m 6.4 s
会合周期 212356.4 s
軌道速度 2030.9 m/s
Longest Time Eclipsed 5917 s
物理的性質
赤道半径 600 000 m
Equatorial Circumference 3 769 911 m
表面積 4.5238934×1012 m2
質量 4.2332127×1022 kg
標準重力パラメータ 2.8252800×1012 m3/s2
密度 46 787.273 kg/m3
表面重力 7.85 m/s2 (0.8 g)
脱出速度 3 068.81 m/s
自転周期 211 926.36 s
9 d 4 h 52 m 6.4 s
恒星回転速度 17.789 m/s
同期軌道 14 157.88 km
作用圏 10 856 518 m [Note 1]
大気の性質
大気の有無 × 無
サイエンスポイント倍率
着陸 12
着水 N/A
低高度宇宙 10
高高度宇宙 8
回収 8

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 距離は表面からではなく中心から(ゲーム内と異なる)

TyloJoolの第3衛星である。Joolの5つの衛星の中で最大であり、Kerol系の中でも最大の衛星である。また、大気のない天体としても最大である。木星の衛星ガニメデに相当する。

Tyloへの着陸は極めて困難だ。Kerbinと同程度の重力があるものの、大気がないためエアロブレーキングできないからだ。 しかし、大きな重力は重力アシストに利用でき、Jool系への投入と離脱を安全かつ最小燃料にしてくれる。

最も地表近くを飛行できる周回軌道は、周期29分、2,170m/sである。他のJool衛星同様、Tyloも同期回転している。静止軌道は14,758,067mだが、作用圏外のため存在しない。

以前の開発者NovaSiliskoによると、Tyloはイアペトゥスのように明暗の強い天体として予定されたという。[1]

ゲーム内説明

TyloはKerbal天文学会によってJoolの衛星の中で最初に発見された。オフィスの壁に飾る用の完璧なJoolの写真を撮るという試みに幾度も失敗したあと、その謎の白い汚れは本物の衛星であることが判明された。

Layth、VallそしてJoolが昇る素晴らしいTyloの空に科学者たちの想いは馳せる。

Kerbal天文学会

地形

デコボコした地表をしている。標高は0m(基準高度)から最高11290m以上に及ぶ。地表の様子はMunに似ているが、Munよりクレーターが多い。(特にJoolの反対側を向いている方が多い)

その明るく白っぽい色からニッケル、少量のコバルトを含む流紋岩の層、隕石の衝突で拡がった何らかの氷や塵に覆われているようだが、公式に知るすべはなく推測の域を出ない。

他の衛星と比較して非常に大きいため、捕獲された惑星とは考えにくい。Joolがもっと大きく高い密度でなければ、この程度の大きさの惑星を捕獲するのに充分な重力圏を作れない。Tyloがなぜ大気を形成しないのかは不明だ。

高重力と無大気のために、周回軌道から地表へ着陸し、また戻るのは非常に困難だ。しかし同じ理由で、低高度を高速で周回することは可能だ。

バイオーム

Tyloには8つのバイオームバイオームがある。全く同じ名前なのに分けられているバイオームが3つあるが、バグなのかSquadが見逃しているのかは定かでない。

バイオームリスト

0.90.0現在のバイオームマップ
  • Highlands
  • Midlands
  • Lowlands
  • Mara
  • Minor Craters
  • Major Crater (3×)

サイエンス

ゲーム中、2番目にサイエンス倍率が高い。Tyloより倍率が高いのは、軌道では太陽、地表ではEveだけである。残念ながらTyloには大気がないので、その分できない実験がある。そのためJool系のなかではLaytheにつぎ2番目に総サイエンスポイントが高い。

時間加速

回転/慣性系変換 10 000 m
時間加速 最低高度
どこでも
5× 30 000 m
10× 30 000 m
50× 60 000 m
100× 120 000 m
1 000× 240 000 m
10 000× 480 000 m
100 000× 600 000 m

トリビア

  • TyloとKerbinは同じ赤道半径(600,000m)だが、Tyloの表面重力はKerbinよりずっと低い。これはTyloが密度の低い成分で構成されているからだろう。
  • Tyloには2つの隠し要素がある。
Spoiler: ネタバレ注意
ひとつは山にあるカール・セーガンの顔、もうひとつは地下にある洞窟のようなもの。

ギャラリー

注釈

  1. Post in the forum by NovaSilisko

変更点

0.90
  • バイオーム追加
0.17
  • 実装