Laythe/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Laythe
Laythe
軌道からみたLaythe
衛星 (Jool周回)
軌道要素と性質
軌道長半径 27 184 000 m [Note 1]
軌道遠点 27 184 000 m [Note 1]
軌道近点 27 184 000 m [Note 1]
軌道離心率 0
軌道傾斜角 0 °
近点引数 0 °
昇交点黄経 0 °
平均近点角 3.14 rad (at 0s UT)
公転周期 52 981 s
2 d 2 h 43 m 0.9 s
会合周期 53007.7 s
軌道速度 3223.8 m/s
Longest Time Eclipsed 3754 s
物理的性質
赤道半径 500 000 m
Equatorial Circumference 3 141 593 m
表面積 3.1415927×1012 m2
質量 2.9397311×1022 kg
標準重力パラメータ 1.9620000×1012 m3/s2
密度 56 144.728 kg/m3
表面重力 7.85 m/s2 (0.8 g)
脱出速度 2 801.43 m/s
自転周期 52 980.879 s
2 d 2 h 43 m 0.9 s
恒星回転速度 59.297 m/s
同期軌道 4 686.32 km
作用圏 3 723 645.8 m [Note 1]
大気の性質
大気の有無 ✓ 有
大気圧 60.7950 kPa
0.6 atm
スケールハイト 8 000 m
大気圏高度 50 000 m
6.0×10-7 atm
気温最低 -26.15 °C 247 K
気温最高 14.85 °C 288 K
酸素の有無 ✓ 有
サイエンスポイント倍率
地表 14
大気(低層) 11
大気(上層) 10
宇宙(近距離) 9
宇宙(遠距離) 8

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 距離は表面からではなく中心から(ゲーム内と異なる)

LaytheJoolの第1衛星である。大部分が海に覆われている。 またKerbin以外で唯一、大気中に酸素を含む天体である。 Joolの衛星Laythe・VallTyloは現実での木星の衛星イオエウロパガニメデ同様に軌道共鳴の状態にある。そのため、Laytheはイオの類似星と考えられるが、イオは大気が希薄で海のない火山性の星であり内容は大きく異なっている[1]土星の衛星タイタンの方が、液体の海、厚い大気がある点で内容は似ているといえる。

ゲーム内説明

Laytheを初めて発見した科学者は、そのことを記録に残さなかった。Kerbinだと思ったからだ。

望遠鏡で自分のいる惑星が見えるはずがないと彼に教えた勇気ある研修生がいたことで、幸運にもこの間違いは正された。

この研修生は程なく昇進され実験ロケット試験プログラムに異動された。

Kerbal天文学会

軌道

LaytheはJoolに対し同期回転しており、Joolに対し常に同じ面を向けている。 また、LaytheとVallとTyloは1:2:4で軌道共鳴している。つまりLaytheが2周するとVallは1周し、Laytheが4周するとTyloは1周する。 Laytheの静止軌道高度は作用圏半径5,186,399を超えており、存在しない。 Laytheの海面高度から安定軌道に乗るにはおよそ2800m/sのdelta-Vがいる。

地形

ほとんどを水の海に覆われ、たくさんの岩や砂の島が存在する。 多島によって構成される大きな円は、過去に巨大な隕石の衝突があったことを伺わせる。

液体の水があるにもかかわらず、気温は摂氏ゼロ度を下回る。これは海に塩などイオン性の成分が含まれることを意味する。 地表サンプルはLaytheの表面に大量の塩が含まれていることを示している。 また、EVAレポートによると空気はKerbinと違ってが呼吸できないことから、 大気中にも多量の塩分が含まれる可能性がある。 Kerbinと見た目上似ているにもかかわらず有毒な大気をもつというのは、映画アバターに登場する衛星パンドラが元ネタになっているかもしれない。パンドラはLaytheと同じく人間が呼吸できない有毒な大気を持ち、巨大なガス惑星を回っている。

また、Laytheは2010年宇宙の旅でエウロパに起こったことに非常によく似ている。

地表にある渓谷などは、この星が暖かかったころ雨などによって侵食された跡かもしれない。

大気

Laytheの大気は高度55,262mまであり、Kerbinよりやや低い。衛星で大気があるのはLaytheだけである。

他の惑星の大気同様に、Laytheの大気は高度が上がると指数関数的に薄くなる(スケールハイト4000m)。 高度に対する大気圧は:[2]

p_{l}=0.8\ e^{{-altitude/4000}}

LaytheやJoolで適切にエアロブレーキングすることで、Joolの衛星中、最も低いDelta-Vで到達できる。 KerbinからJoolへホーマン遷移軌道で接近するとき、Joolのperiapsisを119.5kmにしてエアロブレーキングすれば、apoapsisがLaytheの軌道近くになる。 Joolに向かう軌道のタイミング等を調整することで、直接Laytheに行くこともできる。Laytheはその軌道周期から、時間を簡単に合わせられ、到達に必要なDelta-Vもたった2000m/sと少ない。そのため、LaytheでのエアロブレーキもJoolに比べきつくない。


Laytheの高い地点に着陸する場合、パラシュートだけでは減速が足りないため、逆噴射が必要になるだろう。

大気には酸素が含まれるため、ジェットエンジンを使用できる。しかし、air-intakeの効率は悪くなる。

バイオーム

Laytheには5つのバイオームがある。主にSagen Seaという名の海洋で構成され、小さな砂丘や海岸バイオームがいくつかある。 またCresent Bayという湾や、極バイオームもある。

バイオームリスト

Laythe Biome Map as of 0.90.0
  • Poles
  • Shores
  • Dunes
  • Cresent Bay
  • The Sagen Sea

サイエンス

LaytheはJoolの衛星の中で最もサイエンスが豊富な星だ。Tyloの方がややサイエンス倍率は高いが、Laytheは大気や海があるのでたくさんの実験をこなせ、その分得られる総ポイントは高い。

時間加速

回転/慣性系変換 0 m
時間加速 最低高度
どこでも
5× 50 000 m (大気圏以上)
10× 50 000 m (大気圏以上)
50× 60 000 m
100× 120 000 m
1 000× 240 000 m
10 000× 480 000 m
100 000× 600 000 m

ギャラリー

変更点

0.90
  • バイオーム追加
0.17
  • 実装

注釈

  1. 以前の開発者NovaSiliskoによると、Laytheは氷の火山活動や高い放射線のある危険な星にする予定だったという
    Forumpost from NovaSilisko
    Post from NovaSilisko
  2. LV-N核ロケットモーターの比推力はは1atmで220、真空で800で、高度で比較すると次の表のようになる:
    高度 (m) 600 1464 1800 2238 2698 3296 4104 16435
    比推力 400.7 478.2 504.2 534.8 563.7 596.5 633.7 792.4