Minmus/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
ミンマス

(Minmus)

ミンマス (Minmus)
軌道からみたミンマス
周回 カービン
軌道の特徴
軌道長半径 47 000 000 m [Note 1]
軌道遠点 47 000 000 m [Note 1]
軌道近点 47 000 000 m [Note 1]
軌道離心率 0
軌道傾斜角 6 °
近点引数 38 °
昇交点黄経 78 °
平均近点角 0.9 rad (で 0秒 UT)
軌道周期 1 077 311 秒
49 d 5 h 15 m 10.5 s
会合周期 1 220 131.7 秒
軌道速度 274 m/秒
最長の日食 4 378 秒
体格的特徴
赤道半径 60 000 m
赤道周長 376 991 m
表面積 4.5238934×1010 m2
質量 2.6457580×1019 kg
標準重力パラメータ 1.7658000×109 m3/秒2
密度 29 242.046 kg/m3
表面重力 0.491 m/秒2 (0.05 g)
宇宙速度 242.61 m/秒
恒星回転周期 40 400.000 秒
1 d 5 h 13 m 20 s
恒星回転速度 9.3315 m/秒
同期軌道 357.94 km
作用圏 2 247 428.4 m [Note 1]
大気の特性
大気の有無 × いいえ
サイエンスポイント倍率
着陸 5
着水 N/A
低高度宇宙 4
高高度宇宙 2.5
回収 2.5

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 距離は表面からではなく中心から(ゲーム内と異なる)

ミンマス(Minmus)は、カービンの最も小さい衛星である。 カービンあるいはムンの地表からは1~2ピクセルほどのシアン色の点として観測でき、わずかだが上下に揺れ動いているように見える。これは回転を遠くから見ているためである。接近すると凍った塊、広大な丘、凍った湖を持ったわずかに灰や黄味がかった白い天体であることがわかる。高高度地帯は5.7 kmを超える高度を持つ。ミンマス軌道に乗るにはムン軌道よりもう少々高いdelta-vが必要である。しかし離着陸や帰還にはムンよりも少ないdelta-vで済む。これによって、ミンマスはカービン周回軌道投入を達成した後のプレイ初期における主要なサイエンスポイント獲得源となっている。

チュートリアルミンマスへの往還方法がある。

ゲーム内の紹介

ミンマスはカービンの軌道を周回する最小の衛星です。晴れた日にはカービンの地上から空に浮かぶ青色の小さな点として観測できます。
よく天体望遠鏡のレンズに付いた汚れやドット欠けと間違われますが、ミンマスが本物の衛星であることはカーバル天文学会の天文学者たちによって立証されています。

カーバル天文学会

軌道特性

ミンマスはカービンからの高度46,400,000mを周回しており、カービン低軌道から遷移するには約920 m/sのdelta-vが必要である。カービン地表からの会合周期は14日3時間1秒(1,220,401秒)である。同期軌道は高度357.94 kmにあり投入可能である。0mの標高に対するミンマス周回軌道速度は171.5m/sである。

ミンマスからカービンへ帰還する際、ミンマスで高軌道を取ってしまうと簡単にカービン重力圏から離脱して帰れなくなってしまう危険性には十分注意する必要がある。しかしこのことはカービン系外に向かう場合にミンマスか周回軌道上に燃料補給ステーションを設置しておくと大変便利であると言うことでもある。

表面温度

シュテファン=ボルツマンの法則を用いて太陽(Kerbol)から受け取るエネルギーを計算した結果、ミンマスの予想表面温度は-50℃となる。これは実測温度よりも低い値だが、ミンマスが捕捉された彗星であるという仮説を裏づけている。ミンマスは現在の場所で形成されたものではなく、氷の物質で構成されるミンマスが劇的な昇華を起こして消えてしまうのを防ぐような高いアルベド(反射能)を持っている可能性がある。高い塩含有量を有しているならば昇華速度はさらに緩やかになるだろう。

上記の予想表面温度は以下の値をそれぞれ使用して計算を行った。放射率を0.9(圧縮された氷に近いが下回る)、アルベド(反射能)を0.6(氷の衛星エウロパに近いが下回る)、そして太陽(Kerbol)の光度3ヨタワット。地球の代表的な放射率と反射能を使用して同様の計算をカービンに対して行ったところ、予想表面温度は+15℃という値が得られた。

地勢

ミンマスは非常に起伏に富んでいる。高度約5 kmの高原が「平原」と一致し、基準高度(0 m)となっている。地表のほとんどは低地と高原の移り変わりとなっている。 バージョン 0.23からバイオームが9つになった。

完全に平らな「平原」が様々あり、かつて液体の湖だった場所ではないかと思われる。メサもいくつかあり、北極近くある一つはミンマスの作用圏からすると非常に高いもので、ナビゲーション・ツールによると「軌道上」とされる。プレイヤーが手動で姿勢指示器(navball)を対地速度モードに切り替えない限り、方向指示器と速度の自転分の誤差修正がされないので、これらの大地への着陸は厄介になる。

着陸高度は、高原や湖を除けば、ほとんどの場合2000 m~2500 mである。

ミンマス地表で宇宙飛行士が垂直跳びをすると12 mの高さまで上昇する。

採取したミンマスの地表サンプルは「結晶性物質で、間違いなく非食用」であることを示している。

バイオーム

ミンマスのバイオーム分布図

ミンマスには合計9のバイオームが存在する。最も特徴的なバイオームは、ゲーム内で「湖」と表記される多様な平原である。それらはほぼ完全に平らであり、塩分が含有されている可能性がある。表面積の約3分の2は、傾斜地を持つ不規則な高原、内陸、低地である。

バイオーム一覧

Minmusバイオームマップ (1.2)
  • 極地
  • 低地
  • 内陸
  • 高原
  • 傾斜地
  • 平原
  • 小さな平原
  • 大平原
  • 超大平原

サイエンス

ミンマスのサイエンスポイント乗数は地表上空いずれも他の天体に比べ、かなり低い(ムンよりはいくらか高い)設定になっている。しかしミンマス到達は比較的容易であり、多数のバイオームはそれぞれ別のサイエンスポイントを得ることができる。ムンとは異なり、ミンマスのバイオームは見分けるのが容易で、スキャン衛星などを使用しなくても、すべてのバイオームをたやすく巡ることができる。LV-909を使用した1.25m規格の着陸船を使って、ミンマスに到達して一度ですべてのバイオームにジャンプしてカービンに戻ることができる。そのためゲーム中盤においてムンと並び主要なポイント獲得源となる。

時間加速

時間加速中 最低高度
どこでも
5× 3 000 m
10× 3 000 m
50× 6 000 m
100× 12 000 m
1 000× 24 000 m
10 000× 48 000 m
100 000× 60 000 m


ギャラリー

Spoiler: Spoiler image

トリビア

  • "ミンマス"と言う名前の由来は「最小」を表すラテン語“minimus”と言われている。分類学で同属の中で最も小さい動物の学名につけられたり、医学で小指のことを表したりするのに用いられている。ミンマスは太陽系の中で最小の構成天体である。
  • 他にも土星の衛星ミマス(ギリシア神話の巨人族の名に因む)に由来するとも言われている。
  • ミンマスでは周回軌道上の宇宙船から緑のEVAジェットパックだけで地表へ降下、再び軌道に戻ることが可能。
  • 地表にて2HOT 温度計で気温測定すると水が凍るのにちょうどの-0.007℃を記録する。
  • 地表あるいは低高度上空にてSC-9001 サイエンスJr.で実験を行うと、サンプルが放射線に反応して発光することが記録される。この放射線がミンマスをムンより高温にしている原因とも考えられる。
  • 全てではないがかなりの数の乗員レポート、EVAレポート、その他の実験でミンマスがミント味のデザートに見えることについての言及がある。これはクレヨラ社(アメリカの子供向け画材メーカー)が1990年に発売した新色マジックミントに因んでいるともささやかれているが、開発者が意図したのか、ただの偶然なのかは明らかになっていない。

変更点

0.23
  • バイオーム追加。
0.17
  • 自転と公転の同期がなくなる。[1]
  • 質量が減少。[2]
  • 同期軌道が実現可能になった。変更以前は重力圏外の高度4 302.99 kmが必要だった。
0.15
  • 実装。

関連項目

注釈

  1. http://www.reddit.com/r/KerbalSpaceProgram/comments/10q9z2/minmus_lost_its_tidal_lock_to_kerbin_in_v017/
  2. http://kerbalspaceprogram.com/forum/showthread.php/24156-Is-Minmus-on-a-weight-loss-program