Eve/ja

From Kerbal Space Program Wiki
< Eve
Jump to: navigation, search
イブ

(Eve)

イブ (Eve)
軌道からみたイブ
惑星 周回 カーボル
軌道の特徴
軌道長半径 9 832 684 544 m [Note 1]
軌道遠点 9 931 011 387 m [Note 1]
軌道近点 9 734 357 701 m [Note 1]
軌道離心率 0.01
軌道傾斜角 2.1 °
近点引数 0 °
昇交点黄経 15 °
平均近点角 3.14 rad (で 0秒 UT)
軌道周期 5 657 995 秒
261 d 5 h 39 m 55.1 s
会合周期 14 687 035.5 秒
軌道速度 10 811 - 11 029 m/秒
体格的特徴
赤道半径 700 000 m
赤道周長 4 398 230 m
表面積 6.1575216×1012 m2
質量 1.2243980×1023 kg
標準重力パラメータ 8.1717302×1012 m3/秒2
密度 85 219.677 kg/m3
表面重力 16.7 m/秒2 (1.701 g)
宇宙速度 4 831.96 m/秒
恒星回転周期 80 500.000 秒
3 d 4 h 21 m 40 s
太陽の日 81 661.857 秒
3 d 4 h 41 m 1.9 s
恒星回転速度 54.636 m/秒
同期軌道 10 328.47 km
作用圏 85 109 365 m [Note 1]
大気の特性
大気の有無 ✓ はい
大気圧 506.625 kPa
5 atm
大気圏高度 90 000 m
5.0×10-6 atm
気温最低 -113.13 °C 160.02 K
気温最高 146.85 °C 420 K
酸素存在 × いいえ
サイエンスポイント倍率
着陸 8
着水 8
低空 6
大気圏上層部 6
低高度宇宙 7
高高度宇宙 5
回収 5

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 距離は表面からではなく中心から(ゲーム内と異なる)

イブ太陽(カーボル)からの第2惑星カービンから最も近い惑星であり、KSPにおける 金星の類似物である。 重力に捕らえられた小惑星ギリーを衛星にもつ。 非常に厚く密度が高い大気を持ち、エアロブレーキを行なう際と地表からの帰還は、最も危険を伴う。加えて、イブはすべての惑星の中で最大の表面重力をもち、脱出速度の高さはジュールに次ぐ第2位である。

ゲーム内の説明

イブは太陽系の中でも極端に目立つ紫色をした惑星です。惑星としては大きい部類に入り、そのとても鮮やかな紫色はひときわ注目を集めています。カービンの姉妹惑星ではないかと考察する科学者もいます。まあ、紫色で有毒な大気に包まれて大気圧と気温が極めて高いことを除けばですが。というより、似ても似つかないですよね? 姉妹惑星なんて言ったのはどこの誰ですか?

カーバル天文学会

地勢

イブの地表は土星最大の衛星タイタンに似ていなくもない。 平坦な大陸の間にいくつか大きな海が広がっている。 陸地には山岳は少ししかなく、ほとんどは紫色の砂丘のようななだらかな丘で構成されている。 小さな石ころが散らばっているので、イブの気圧や気温、風で削られていったに違いない。 イブの地表はクレーターに覆われている。 イブで最も高い山は7526 mである。

大気

イブの温度と大気圧の高度に伴う変化
イブとカービンの大気圧比較

イブの 大気圏は90,000mの高さまであり、非常に密度が高い。 10,577mでカービンの海面(1気圧)と同じぐらいの厚さがある。 イブの海面の大気圧は5気圧である。

一般的に、イブの高度と大気圧の関係は [1]

となる。

イブの大気圏から見ると、空は、夜間は紺、昼間は青紫から赤紫に見える。日の出と日の入り時は緑色になる。

ジェットエンジンはイブの大気では稼働しない。酸素がないためである。(エンジン音が鳴り、燃料も消費するが推力がでない。) しかし他の推進力ならば飛行機はちゃんと機能し、またこの惑星を探索する素晴らしい方法になる。 35 kmから25 kmの間が、滑空と操舵がきく充分な揚力があって、かつ速度を落とす過剰な空気抵抗がないためベストである。

次の表はイブの高度と終端速度の関係を示している。 これはゲームの空気抵抗モデルから得たもので、イブから最適燃料で上昇する際の速度でもある。 [2]

高度 (m) 速度 (m/s)
0 58.4
1000 62.5
5000 82.0
10000 115
15000 162
20000 228
30000 450
40000 888
50000 1.76×103
60000 3.47×103

バイオーム

15の バイオームがある。 散在する島と浅瀬があり、大きな大陸と爆発性物質の海がある。大陸内には3つの大きな液体領域があり、一つはクレーターレイクである。また、衝突噴出物に覆われる地域もある。

バイオームリスト

Eveバイオームマップ (1.2)
  • 極地
  • 低地
  • 内陸
  • 高原
  • 山麓
  • 山頂
  • 衝突噴出物
  • 爆発性物質の海
  • 暁の湖
  • 浅瀬
  • クレーターレイク
  • 西の海
  • オリンポス山
  • クレーター
  • 東の海

衛星

イブの唯一の衛星は、重力に捕らえられた小惑星ギリーのみであり、高い離心率と傾斜角の軌道にある。 ギリーは太陽(カーボル)系で最も小さな天体である。

軌道特性

相対傾斜角が少しある点で難しさはあるが、巨大な重力と濃い大気がエアロキャプチャーや遷移、着陸を非常に簡単にしてくれるため、 イブに行くのに必要なdelta-vは他の惑星の中で最も少ない。

しかし残念ながら、そのせいで離陸と離脱には、他の固体表面を持つ惑星の中で最も多くのdelta-vが必要となる。

高い重力と厚い大気の組み合わせにより、イブの海面高度からの帰還は非常に難しくなっている。 海面高度から軌道に到達するには7,000~7,500 m/sのdelta-vが必要である。 イブの山頂まで移動し打ち上げれば、必要なdelta-vを劇的に減らすことができる。(つまり、かなり軽いロケットで打ち上げられる。) バージョン 0.90.0現在、イブの最高峰は (25° S, 158.5° W)付近の7540 mである。

イブの静止軌道は高度10373.195 km、速度858.95 m/s。

イブの½日(11.25時間または40500秒)である準同期軌道は高度6275.676 km、速度1082.2 m/s。

時間加速

時間加速中 最低高度
どこでも
5× 90 000 m (大気圏以上)
10× 90 000 m (大気圏以上)
50× 90 000 m (大気圏以上)
100× 120 000 m
1 000× 240 000 m
10 000× 480 000 m
100 000× 600 000 m


ギャラリー

バグ

  • イブはカービンより重力が大きいため、緑は0.5メートルしかジャンプできず、EVAジェットも使い物にならない。つまり、もしカーバルが4m以上の高さから落ちたら、カービンよりも強く地面に打ち付けられる。これによって、緑が地面に張り付いたり、イブから驚異的なスピードでぶっ飛んでいってしまい、もし緑が不運にも落下で死んでいなければ、大抵太陽(カーボル)離脱軌道に送られる。地面ではなくオブジェクトに落下した場合はそれも一緒に星間宇宙に持っていくかもしれない。
  • 非常に低い速度で飛行中であってもソーラーパネルが破壊される。地上で安定するまでは展開しないほうが賢明だが、地上で格納していても壊れることがある。イブの重量が大きいことが原因かもしれない。
  • 重力が大きいためローバーの運転は難しいことがある。ローバーの車輪が簡単に壊れる。
  • 高重力のために着陸脚が簡単に壊れることがある。
  • 着陸速度が速いと機体がイブの地面に沈み込む。着陸脚を使って機体を持ち上げることで直せる。

変更点

1.2
  • バイオーム追加
0.90
  • バイオーム追加
0.21
  • 地表調整—陸地が増えた。
0.18
  • 外観変更。
  • 地表調整—最高地点が高度11 kmから6 kmになった。
0.17
  • 実装。

注釈

  1. LV-N Atomic Rocket Motorは1気圧以上で220の比推力、真空で800、イブの様々な高度で次のようになる:
    高度(m) 11263 11268 11322 11598 11896 12200 12799 13868 14586 15292 16725 18711 22800 23556 32000 38000 43000 51963
    比推力 220 220.2 224.6 246.9 269.9 292.4 334.0 400.0 438.8 473.4 533.7 600.2 688.2 699.8 769.8 787.3 793.8 798.3
  2. http://forum.kerbalspaceprogram.com/showthread.php/6664-Mini-challenge-max-altitude-with-this-supplied-spacecraft?p=100912&viewfull=1#post100912