Jool/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
ジュール

(Jool)

ジュール (Jool)
軌道からみたジュール
惑星 (Kerbol周回)
軌道要素と性質
軌道長半径 68 773 560 320 m [Note 1]
軌道遠点 72 212 238 387 m [Note 1]
軌道近点 65 334 882 253 m [Note 1]
軌道離心率 0.05
軌道傾斜角 1.304 °
近点引数 0 °
昇交点黄経 52 °
平均近点角 0.1 rad (at 0s UT)
公転周期 104 661 432 s
4 845 d 2 h 37 m 12.1 s
会合周期 10090901.7 s
軌道速度 3 927 to 4 341 m/s
物理的性質
赤道半径 6 000 000 m
Equatorial Circumference 37 699 112 m
表面積 4.5238934×1014 m2
質量 4.2332127×1024 kg
標準重力パラメータ 2.8252800×1014 m3/s2
密度 4 678.7273 kg/m3
表面重力 7.85 m/s2 (0.8 g)
脱出速度 9 704.43 m/s
自転周期 36 000.000 s
1 d 4 h 0 m 0 s
太陽日 36 012.387 s
1 d 4 h 0 m 12.4 s
恒星回転速度 1 047.2 m/s
同期軌道 15 010.46 km
作用圏 2.4559852×109 m [Note 1]
大気の性質
大気の有無 ✓ 有
大気圧 1 519.88 kPa
15 atm
スケールハイト 30 000 m
大気圏高度 200 000 m
1.5×10-5 atm
気温最低 -153.14 °C 120.01 K
気温最高 -48.08 °C 225.07 K
酸素の有無 × 無
サイエンスポイント倍率
着陸 N/A
着水 N/A
低空 12
大気圏上層部 9
低高度宇宙 7
高高度宇宙 6
回収 6

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 距離は表面からではなく中心から(ゲーム内と異なる)

Jool木星型惑星でありKerbol系の第6惑星である。 KSP内での木星の相似星である。 Kerbolを除けば、Joolは全天体の中で最大の直径と質量を持つ。 Kerbinから遠いため到達は難しいものの、LaytheVallTyloBopPolなど5つの衛星を持ち、大きく複雑な系を構成していることから、最も魅力的なミッション・ターゲットの一つとなっている。

ゲーム内の説明

Joolは特にその巨大さと、圧倒的緑色で知られている。空に発見した最初の星だったため、そこへ訪れることは緑たちの長年の夢だった。その健康的色合いからして、哲学者たちは、この渦巻く緑色の星は本当に素晴らしい場所に違いないと論じた。

望遠鏡で見ると、ぼやっとしている。

Kerbal天文学会

大気

Joolの大気でエアロブレーキング中の様子
緑がJoolの「地表」に着陸したときの壮絶なエフェクト

Joolの半径はKerbinより10倍大きいが、大気圏の高さは2倍(138.2 km)である。 非常に厚いため、高速接近からのエアロブレーキングに適している。 大気圏ぎりぎり外側の周回軌道は周期94.74分、速度6,785 m/sである。 100 km以下でのエアロブレーキングは必要なく、船体が爆発したりEVA中のに異常をきたすなどのバグもあるので、大気上層までに留めておくのが賢明である。

ある高度(メートル)でのJoolの大気圧は次の式で求められる:

地表に近づくほど、ゲームの物理演算がおかしくなる。大気が非常に厚いため、終端速度は非常に低く、軽い機体ならばパラシュートも逆噴射も必要ない。 固体表面に着陸することは可能だが、機体は必ず絶対にクラーケン現象に飲み込まれてしまう。 機体が非常に小さければ、クラーケン現象にも耐えられるかもしれないが、地表から100mを下回った途端パーツが爆発する。 「…雲に衝突しました」というメッセージがmission summaryに表示される。ゲーム自体にも異常をきたし、セーブが破壊される可能性がある。

がEVA状態だと、破壊されず、片道切符の着陸はできる。 しかしこの動画の最後あたりで見られるように、緑はぶっ壊れ、痙攣し制御不能になる。これは4倍速ワープのときだけ起こる。その後、ゲームがおかしくなり、地獄のクラーケンに襲われる。 ゲームを再起動しない限り、Kerbinの大気が消える。

この異常は、Joolで頻繁に起こるが、Joolだけというわけではなく過酷な状況ならばKerbinでも見られる。 例えば、高速で離陸中の航空機からのEVAや、(珍しいが)Munをゆっくり滑るなどの単純な状況でも同じことが起こる。 Jool以外で起きたとしても再現性は非常に低いため、録画されていることは稀である。

v0.23以前は旗を立てることが可能だった。 [1]

時間加速

製品 (0.19.1)
回転/慣性系変換 1 000 000 m
時間加速 最低高度
どこでも
5× 200 000 m (大気圏以上)
10× 200 000 m (大気圏以上)
50× 200 000 m (大気圏以上)
100× 200 000 m (大気圏以上)
1 000× 300 000 m
10 000× 600 000 m
100 000× 1 200 000 m

自然衛星

水の衛星Laythe、Joolに移動中に。

Joolには5つの自然衛星があり、どれもJoolの軌道平面に綺麗にそろっている。

  • Laytheは水の星。大気のある唯一の衛星である。Joolの第1衛星で大きさは2番目。軌道速度の高さから到達するのは幾分難しい。大きさや成分はEveの次にKerbinに近い。
  • Vallは氷の星。Joolの第2衛星で大きさは3番目。軌道と速度はLaythとTyloのほぼぴったり中間。
  • Tyloは岩の星。重力はKerbinに近く、地表はKerbinの衛星Munに似ている。Joolの衛星の中で一番重力圏が大きく、エンカウントしやすいが、大きな重力に反して大気がないため、周回軌道投入と着陸は並外れた難度。
  • Bopは捕捉された小惑星で、Joolの衛星で4番目に大きい。距離が遠いこと、軌道が変則的なこと、重力が小さいことなどから、これもまた到達が困難な星である。
  • Polの名はPollen(花粉)の粒に似ていることからつけられた。Joolの衛星で一番小さく、一番外側にある。見た目は黄緑で、地表は岩っぽくでこぼこしていて、高く尖った山々がある。

Laythe、Vall、Tyloは軌道周期が1:2:4のラプラス共鳴の状態にある。衛星同士やJoolで食が起こりやすいはずだが、起こらない。

どのJool衛星も同期軌道が成立しない。すべて重力圏外にあるためである。これは潮汐固定が起こっている天体ではよく見られる。


ギャラリー

→ 参照: Images of Jool 

トリビア

  • Joolはだいたい地球金星と同じ赤道半径である。
  • Joolの日の出や日の入り時に黄色っぽいブラウンっぽく見える。
  • Joolと同じく、木星の内側の3衛星(イオ、エウロパ、ガニメデ)も1:2:4のラプラス共鳴になっている。
  • Jool、Laythe、Tyloの表面重力は7.85 m/s² (≃ 0.8 g)。
  • Joolを構成する緑のガスは塩素の可能性がある。
  • 高度0メートルに近いところで測定された気圧、重力、気温はそれぞれおよそ14.9785 atm、0.785 m/s2、989.45 °Cである。
  • 地表が無いにもかかわらず、ゲームファイルには異なるレポートや観測で言うことが入っており(ScienceDefs.cfg)、着陸したときのレポートも用意されている。
Spoiler: Jool地表レポート・観測
  • EVA Report: どうやってこのガス型惑星に着陸したのかも分からない。でもあまり考えないほうがいいだろう。
  • Materials Study: もうどこからがコンテナでどこからがサンプルなのかわからない…。
  • Atmospheric Pressure Scan: 気圧がとても高いせいか、それともただ装置が溶けたのか。何が起こったのか解らなかった。
  • Seismic Scan 1: センサーすらここでは何をしたらいいのか分からないらしい。
  • Seismic Scan 2: 「保証は無効になりました」とセンサーに表示された。払い戻しは効かない。
  • Gravity Scan: 測定器が重力で潰された。これぞサイエンス!
  • Atmosphere Analysis: 測定器は圧縮されもはや金属の塊と化した。

注釈

  1. Kerbal Space Program: Planting a Flag on Jool” by Dahud Lefthanded in version 0.20

Changes

0.18
  • Pol実装
0.17
  • 実装