SC-9001 Science Jr./ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
SC-9001 サイエンスJr.
パーツ画像
Environmental sensor によって
Experimental Engineering Group
接続サイズ M
コスト (合計) 1 800.00 Funds
質量 (合計) 0.20 t
空気抵抗 0.2-0.3
耐熱温度 1200 K
耐衝撃性 6 m/秒
開発技術 Basic science.png 基礎科学
開発導入費 5 500 Funds
バージョンから 0.22
Part configuration MaterialBay
Experiment Materials Study
消費電力 None


SC-9001 サイエンスJr.(マテリアルベイとも呼ばれる)は、実験データを得るために宇宙空間や各天体で使用する実験装置である。サイエンスモードキャリアモードでは、技術ツリー第4階層の基礎科学を研究することで開発される。

使い方

装置内部の様子

SC-9001はより高度な実験が出来る実験装置としてバージョン 0.22で追加された。実験データを送信したり、取り出した場合は、科学者のカーバルか、移動研究室 MPL-LG-2によって内部洗浄を行わないと再度実験が出来ない。

地表でのみバイオーム毎の実験データを得られる。大気中、真空中では、バイオームに関係なく天体別の高度状況に応じた実験データが得られる。

製品概要

SC-9001は最新の自律型実験室です。無重力状態ではどんなことが起こるのか不思議に思ったことはありますか?あるいは解き明かしたい疑問点についてじっくり考えたことはありますか?たとえば、この試料を深刻な宇宙放射線と過酷な真空の環境下に置くといったい何が起こるでしょうか。対象年齢は4-8歳で、今ならメモ帳のおまけ付き。小さな部品が多いので乳幼児手の届く所に置かないでください。

トリビア

  • If the part is used in sandbox mode, the data message says "I don't think we are getting much done here", etc.
  • 型番の9001は2001年宇宙の旅に登場するHAL 9000に由来している。これはJool高空で実験した場合の実験結果から確認することが出来る。また作動中に内部をズームして見ると、HAL9000に似た赤いランプを確認できる。ドラゴンボールZの「9000以上だ・・・!」)とは関係がない。

変更点

1.2
  • 研究技術を基礎工学から基礎科学に変更
  • パーツ費用変更
0.22
  • 実装。