List of easter eggs/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search


この記事にはネタバレ要素が含まれています。本記事の見出しへ直接リンクは、読者が警告を無視してしまうのでお控え下さい。

Kerbol系の各天体には多数の奇妙な物体があります。現時点ではまだ未発見のものもあります。

誤ってこのページを開いてしまったり、自分で探索して見つけ出す楽しみが無くなってしまうのを希望しない場合は、

この大きな文字で書かれている部分より下は読まないでください。ブラウザの「戻る」ボタンやショートカットキー Alt+で楽しみが台無しになる前に戻ってください。




具体的に言うとイースターエッグ(隠し要素)の詳細な説明が記述されています。

画像まで貼られています。

自力で見つけた時の幸福感を味わいたいのであれば、すぐさま引き返して下さい!




十分に警告はしました。

ネタバレを望まない場合は他にも対処法があります。




メインページに戻って他の記事をご覧ください。

Wikiを読みふけっていないでKSPをプレイしてください。

まだお持ちでないなら、今すぐご購入ください。

科学ジャンルやインディーズタイトル、革新的なメキシコ人が好きな方なら気に入るはずです。




もう知りませんよ。




画面めいっぱいに警告はしましたよ。




もうネタバレが見えちゃいますよ!

Kerbol系

Kerbol

  • 現在のところ未発見。

Moho

  • イースターエッグと思われる巨大な垂直の"縦穴"がいくつかあり、周辺部には異常な力が働いている。

Eve

  • 現在のところ未発見。

Gilly

  • 経度0度、緯度0度に正方形のピラミッドがある。

Kerbin

  • 5つのモノリス。
  • 砂漠の神殿。
  • 北極に墜落した円盤型UFO
  • 北極点にあるKerbalをひっくり返す正方形のピラミッド。厳密にはイースターエッグではなく地形マップのグリッチにより発生したもの。
  • Kerbalが登れるKSCの旗竿
  • KSCの南、南極圏とのちょうど中間の海底に刻まれた巨大なスマイルマーク(30° S, 80° W)。軌道上まで上がるか地形マップ(File:Kerbin heightmap.jpg)で確認することが出来る。

Mun

  • 3つのモノリス。
  • 3つの石のアーチ。
  • ニール・アームストロングの記念碑。
  • 墜落した円盤型UFO。

Minmus

Minmus南極の異常な地形。
  • 1つのモノリス。
  • 北極と南極に異常な地形。

Duna

  • 巨大な緑面岩
  • SSTV信号を発する丘(source of signal now several hundred meters beneath hill as of 0.22)
  • 北極と南極にピラミッドを含む異常な地形。

Ike

  • Magic Boulder(光る巨石) - 放射性物質であるかのように緑色の光を発する。奇妙な切断面があり、機体が自爆したかのような挙動をすることがある。1つのモノリスがMagic Boulder上にある。0.18以降から見られなくなった。
  • 北極点にあるKerbalをひっくり返す正方形のピラミッド。Kerbinのものと似ている。

Dres

  • 現在のところ未発見。

Jool

  • 現在のところ未発見。

Laythe

  • 現在のところ未発見。

Vall

Vallのストーンサークル
  • 南半球にあるストーンサークル。

Tylo

  • 洞窟状の地形。

Bop

Pol

  • 現在のところ未発見。

Eeloo

  • 現在のところ未発見。

Overall

  • While not easter eggs per se, the exact geographical poles of most bodies have highly unusual topography, usually making them inaccessible.

Kerbal

Kerbalの腕の表皮色と噂されていた色の比較。
  • Kerbalの肌は#BADA55 (   )に近似しているものの一致はしていない。これはハッカー語で"Badass"になるようにしたRGBカラーである。他のつづりである#84D455 (   )を唱える者もいるが発色は#BADA55よりも遠ざかっている。Kerbalには BadS 属性設定があるため、体色とbadassに関連があるという説は噂に過ぎない。

IVA

  • 一部の司令ポッドには付箋メモが貼られており面白い内容が書かれている。一部ぼやけて読みにくいものもあるが文字が完全につぶれているわけではない。内容は各パーツのページに記載している。

パーツ

  • Z-100Z-400の電池表面には"BATT MAN BATTERIES"というブランド名が記載されている。元ネタはアメリカンコミックのヒーロー、バットマン
  • Communotron 88-88のアンテナ皿にある"0x62656570"という数字は、ASCIIコードで復号化すると"beep"を意味する。
  • Communotron 88-88のアンテナ皿にあるもうひとつの数字"04101957"はSputnik 1の打ち上げ日、04日10月1957年(英語圏の日時記載順)を表している。
  • SC-9001 Science Jr.のドアが開いた状態で内部を見ると、中央に"Danger! Science Stuff"(危険! 科学試料)と書かれている。

起動読み込み画面

  • 起動読み込み中の進捗メッセージにはでたらめな内容が書かれている。
    • Adding K to Every Word...(全ての単語にKを追加中…)
    • Adding More Boosters...(ブースターをさらに追加中…)
    • Answering Ultimete Question...(究極の疑問に回答中…) : SF作品銀河ヒッチハイク・ガイドに登場する"生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え"が元ネタ。
    • Biding Time...(期が熟すまで待機中…)
    • Calculating Trajectories...(機動を計算中…)
    • Combobulating Discombobulator...()
    • Generating Ablation Cascade...()
    • Inventing Witty Loading Hints...(賢そうな進捗メッセージをでっち上げ中…)
    • Locating Jebediah Kerman...(Jebの居場所を確認中…)
    • Motivating Kerbals...(緑のモチベーションアップ中…)
    • Overlaying Grid Onto Bazier Curves...(ベジエ曲線にグリッドをオーバーレイ中…)
    • Pointing Correct End Towards Space...()
    • Reaching a Safe Distance...(安全距離を確保中…)
    • Recruiting Kerbals...(Kerbalを採用中・・・)
    • Testing Springs...(バネをテスト中…)
    • Untangling Space Tape...()

タイトル画面

Mun砂のお城。


  • 2種類あるタイトル画面のうち、Mun地表に立つKerbalの画面では1/40の確立で足元に「Mun砂のお城」が出現する。


シナリオモード

Dunaを周回するKerbal XX


  • "Space Station One"シナリオで惑星系全体が見えるほどまでズームアウトすると、'Kerbal XX'という宇宙船がDunaの赤道面近くを周回している。(version 0.23)


ギャラリー

関連項目