0.25/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
0.25
Beta release
025 wallpaper.jpg
リリース 2014-10-07
告知記事 Kerbal Space Program: Economic Boom is Now Available for Download
Steam Steamコミュニティ
0.24.2 0.90.0
0.24
This page is a “test” for a new system where each version gets its own page. You can contribute on the talk page

Version 0.25Kerbal Space Program: Economic Boom!(景気爆発)という名で2014/10/7に公開された。

変更点

このは不完全です。加筆Discussionにご協力ください。

This section was directly copied from the announcement. Rewrite if required and mostly add links.

ハイライト

KSC施設の破壊

  • KSCの建物に激突することで施設を破壊できるようになった。ストレス発散になるが、宇宙開発計画にとっては極めて非生産的である。
  • 大破した施設の機能は修復するまで利用することができない。ほとんどの施設は軽度の破損であれば利用を続けることができる。
  • Careerモードでは施設の修復には資金が必要である。
  • 宇宙センター画面に施設の右クリックメニューを追加。施設の説明、修復の必要性を見ることができる。

新しい爆発パーティクルとサウンドFX

  • 膨大なサウンドとエフェクトのセットを導入。KSC施設の破壊や修復の演出に利用される。
  • パーツの爆発もより暴力的で華やかな爆炎があがるように刷新。

新しい難易度設定

  • 新規ゲーム開始時(またはゲーム中の設定メニュー)に難易度パネルが追加され、飛行士のリスポーンやKSC施設の破壊などいくつかの項目の可否で難易度を設定できるようになった。

運営施設

  • 新施設Administration Building(運営本部棟)をAstronaut Complexの側に追加、Strategies(運営戦略)画面が利用できるようなった。
  • BGMとして新曲"Stratejazz"を追加。

運営戦略

  • 運営戦略の追加により宇宙計画の開発の幅が広がる。Strategies let you take control over how your Space Program is managed, allowing you to tune it to best fit your own playing style.
  • Space Program運営本部は財務担当官Mortimer Kerman、科学担当官の研究生Linus Kerman(担当官本人のWernherは会議に煩わされるのも惜しいほどの重要人物であるため)、時々一字一句そのまま広報してしまう広報担当官Walt Kerman、できれば会議前に靴くらいはきれいにして欲しい現場業務担当官Gus Kerman、の4人による会議で執り行われている。
  • 運営戦略はMOD完全対応で、cfgファイルを通して自由に定義することができる。

搭乗員の移動

  • 機体内でKerbalを移動させるのにわざわざ機外へ出る必要がなくなった。"Crew Hatch"をクリックし"Transfer"を選択することで移動させることができるようになった。

航空パーツのオーバーホール

  • Chris Thuersam(PorkJet)氏作の素晴らしいSpacePlane Plus MODから多数のパーツをデフォルトパーツとして導入、それに伴い見本機体をオーバーホール。
  • 非常に多数の新規パーツ : 翼、動翼、吸気口、胴体、カーゴベイを追加。
  • Mk2規格のパーツは全て上下左右に対称な形へ変更。また揚力を発生できるようになった。
  • Mk1 CockpitとMk1 fuselageをオーバーホール、新しい直列設置型の吸気口パーツを追加。
  • 見本機体を新規パーツで作り直し。
  • 新規パーツ導入に伴い一部の旧パーツを置き換え削除(Delta wing、Structural wind、Wing Connector、Mk2 fuselages)。

KSC画面マーカー

  • 宇宙センター画面に周辺の着陸機体が表示されるようになり直接切り替え・回収を行えるようになった。マーカーで期待の位置を示し、クリックすることで追加情報を見ることができる。

NavBallの方位

  • Orbit modeではNavballに6方位(巡行・逆行に加えRadial In/Out、Normal、Antinormal)が表示されるようになった。
  • 表示外にあるマニューバマーカーを見つけやすいように位置を指示する矢印が追加された。

追加要素

飛行

  • スペースシャトルのようなハイブリッド型多段式格納容器Learstar A1を新パーツとして追加。
  • MapViewのフィルタリング設定が永続的に保持されるようになった。
  • スロットル全開のキー操作(Z)を新設。
  • 高度計の上に"Space Center"ボタンを追加。ポーズメニューを経由せずともSpace Centerに戻れるようになった。
  • Added MonoProp gauge to OMS engines on staging stack
  • 難易度設定でRevertが禁止されている場合のために、飛行終了後のイベントログに'Return to Editor'ボタンを追加。

機体設計

  • VAB・SPH画面で施設の状態(大破など)が見えるようになった。
  • Hold ModKey to override surface attachment in editors (when you want to stack to a node but can't because the part insists on sticking to the surface).

宇宙飛行士の管理

  • 宇宙飛行士の自動補充が難易度によって無効化されるようになった。

景観

  • 近接用詳細テクスチャを三平面マッピングするように地形シェーダーを調整。これにより 小さな岩や草のテクスチャさえ十分な精細度を持つことができる。ただしシェーダーの調整は現在も進行中で、全ての天体で適用されている訳ではない。

研究開発

  • 難易度によって研究開発に必要な負担が変動するようになった。
  • 'Purchase All'ボタンが追加され、研究内容に含まれるパーツを一括購入できるようになった。
  • Sandboxモードの実験結果表示を変更。Sandboxモードでは依然としてScienceポイントに利用価値は無いが、実験結果が他のゲームモードと同様の表示になった。
  • Scienceポイントの獲得には機体回収・伝送を問わず研究開発施設が破壊されていないことが条件となった。

その他

  • GameDatabase code tweaked to allow modders to write their own asset loaders.
  • Added GameEvents.OnCrewTransferred, fired from CrewTransfer and EVAs leaving and boarding
  • settings.cfgにSCREENSHOT_SUPERSIZEパラメータを追加することでスクリーンショットを超高解像度(マルチサンプル)で撮影できるようになった。
  • Application Launcher added to tracking station (Messages and Contracts App visible).

バグ修正と調整

  • Fixed a small bug where entering the KSC scene for the first time in a session would cause it to jitter from FP inaccuracy. This fixed itself after going into other scenes, but was annoying nonetheless.
  • 設計画面のコスト表示を、資金と桁が揃って表示されるように調整。
  • 資金表示に3桁刻みのコンマが表示されるようになった。
  • 分岐アダプターに対称性モードを利用して(RamJet Turbineのような)パーツが設置できないバグを修正。
  • メインメニュー画面に"Addons&Mods"ボタンを追加。公式MOD配布サイトが開かれる。
  • GameDataフォルダ内のパーツフォルダ構成を大規模再編。
  • Inline Reaction wheelがAdvanced Reaction Wheelと役割が重複していたため小型(size 0)にサイズ変更。
  • Cupolaポッドの質量を4.5から1.76へ変更。燃料満載で1.8になった。
  • 整合性を保つため、いくつかの吸気口の吸気面積を変更。
  • Fixed Experimental parts not being available in cases where the node was researched but the part itself not purchased.
  • ロード画面の表示が不要な画面移動ではロード画面を無視するようにシステムを変更。
  • 契約の数値表示を"F1"方式(123456789.0)から"N1"方式(123,456,789.0)へ変更。
  • ゲーム内のsettings項目を一部変更に注意が必要なため説明文を変更。
  • Removed useless 'None' option for Docking Lin/Rot state when assigning a key or axis in the Input Screen.
  • Revised and updated in-game and readme credits.
  • Fixed mouse detection for KSC facilities not working if camera was zoomed too far out.
  • Fixed a bug where crew portraits would draw out of place after switching vessels.
  • 機体が地面にめり込んだ際、まれにゲームが不正終了するバグを修正。
  • Fixed Index Out of Range exception and general crash on moving to flight after deleting a crewed part in a certain way.
  • Kerbal recovery reward set to zero for the time being, to stop reputation exploit from recovery at the launchpad.
  • Mk2 Cockpitの名称をMk1 Inline Cockpitに変更(Mk1タイプのパーツだからという以上の理由がちゃんとあります)。
  • 一部のUIで背後のオブジェクトへのクリックが有効のままになっていた状態を修正。
  • Mac OSXで'Crew Hatch'ウィンドウなどが開けないバグを修正。
  • Contracts App panel is now scalable in the VAB/SPH
  • 高解像度環境でVAB/SPH画面のタイトルバーが消える問題を修正。
  • Fixed a bug with rescaleFactor parameter in part.cfg when a MODEL node was used.
  • Fixed scaling issues with OMS Engine.
  • Fixed vessel airlocks becoming falsely obstructed sometimes on certain ship design.
  • Upgraded all parts using deprecated Winglet subclass to use ModuleLiftingSurface instead.
  • 宇宙空間の背景画像に発生する些細な視覚的問題を修正。
  • イオンエンジンとキセノンタンクをUtilityタブからPropulsionタブへ移動。
  • Fixed Staging input locks not clearing if leaving the Editors while hovering over staging icons. (resulted in total game freeze)
  • Improved GUI skin for input page in Game Settings scene.
  • 設計画面のサイドバーパネルの切り替え速度を向上。