48-7S "Spark" Liquid Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
< 48-7S "Spark" Liquid Fuel Engine
Revision as of 09:08, 27 September 2015 by TA (talk | contribs)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
48-7S "スパーク" 液体燃料エンジン
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Rockomax Conglomerate
接続サイズ S
コスト (合計) 240.00 Funds
質量 (合計) 0.13 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 Propulsion systems.png 推進システム
開発導入費 2 800 Funds
バージョンから 0.21
Part configuration liquidEngine48-7S
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 16.56 kN
(真空) 20.00 kN
比推力 (1 atm) 265 秒
(真空) 320 秒
燃料流量 1.27 Units of fuel/秒


推力偏向 3 °
Testing Environments
On the surface ✓ はい
In the ocean ✓ はい
On the launchpad ✓ はい
In the atmosphere ✓ はい
Sub orbital ✓ はい
In an orbit ✓ はい
On an escape ✓ はい
Docked × いいえ
Test by staging ✓ はい
Manually testable ✓ はい


48-7S "Spark"はMOD"KSPX"から正式導入されたパーツであり、24-77 Twitchの直列設置タイプである。

使用

24-77 Twitch、LV-1 AntLV-1R Spiderと同様に、48-7S Sparkは無人機や小型有人機用途に適した液体燃料エンジンで、軽量機であれば少量の燃料タンクで高いdelta-vが得られる。比較的高い比推力と推重比のため、上昇、軌道遷移、着陸の用途で非常に活躍する。推重比はKR-2L+ RhinoKS-25x4 Mammothについで高い数値である。

説明文

48-7Sは小さいエンジンですが、サイズの割にとても強いパワーを秘めています。Rockomax社の営業トークによると、この小さなエンジンは大きければ先進的とは限らないということの証だそうです。ともかく、パッケージはとてもイカしています。

Rockomax Conglomerate

変更点

0.22
  • 推力を20kNから30kNへ変更。
  • 説明文を変更。
0.21
  • 実装。