GRAVMAX Negative Gravioli Detector/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
GRAVMAX Negative Gravioli Detector
パーツ画像
Environmental sensor by
Probodobodyne Inc
接続サイズ 側面設置
コスト (合計) 8 800.00 Fund
質量 (合計) 0.01 t [N 1]
空気抵抗 0.2 [N 1]
耐熱温度 1200 K
耐衝撃性 8 m/s
開発技術 Advanced science tech.png Advanced Science Tech
開発導入費 12200 Fund
実装version 0.18
Part configuration sensorGravimeter
Experiment Gravity Scan
消費電力 0.0075 ⚡/s

  1. 1.0 1.1 The mass and drag are from the part config, but the game handles it massless/dragless.

GRAVMAX Negative Gravioli Detectorは重力の強さをメートル毎秒毎秒(m/s²)で計測するセンサーである。ScienceモードCareerモードでは、技術ツリー第8層のAdvanced Science Techを研究することで開発される。

使い方

この装置は現在いる影響圏の重力を小数第2位までの最大有効数字4桁で表示する。この値と高度計とを組み合わせて天体質量を推測したり、表面重力を計測するのに使われる。もしくは加速度計や高度計と組み合わせて着陸予想をたてる。

測定中は0.0075E毎秒(0.45 E/分, 27 E/時)の電力を消費する。

この機器は高軌道では動作しない。高度や各数値は次のとおり:

天体 高度 重力加速度
Gilly 36 544 m 0.0 m/s²
Kerbol < 13 599 840 km > 0.00633845348 m/s²
Kerbin 1 800 km 0.61 m/s²
Mun 600 km 0.1 m/s²
Minmus 180 km 0.03 m/s²

Kerbol系のいろいろな場所における計測値:

天体 高度 重力加速度 計測場所[note 1]
Kerbol 1 110 651 m 16.99 m/s² orbit
Moho 5 172 m 2.59 m/s² surface
Eve 304 m 16.66 m/s² surface
Gilly 94 377 m too low to measure orbit
Gilly 36 544 m 0.0 m/s² orbit
Gilly 26 145 m 0.01 m/s² orbit
Gilly 3 582 m 0.03 m/s² surface
Kerbin 1 800 km 0.61 m/s² orbit
Kerbin 0 m 9.81 m/s² surface
Mun 600 km 0.1 m/s² orbit
Mun 566 m 1.62 m/s² surface
Minmus 180 km 0.03 m/s² orbit
Minmus 4 360 m 0.43 m/s² surface
Duna 3 321 m 2.88 m/s² surface
Ike 5 858 m 1.01 m/s² surface
Dres 1 990 m 1.10 m/s² surface
Laythe 120 718 m 5.09 m/s² orbit
Laythe 3 846 m 7.73 m/s² surface
Laythe 17 m 7.85 m/s² surface
Vall 2 440 m 2.27 m/s² surface
Tylo 2 594 m 7.78 m/s² surface
Bop 19 287 m 0.35 m/s² surface
Pol 898 m 0.36 m/s² surface
Eeloo 1 712 m 1.66 m/s² surface
  1. 地上、大気圏内飛行、もしくは周回軌道上

GRAVMAX Negative Gravioli DetectorはDouble-C Seismic Accelerometerとは独立したデータをもたらすが、このデータによれば、KSPの太陽系では等価原理が無効化されていて、それゆえKSP宇宙の物理学は一般相対性理論と齟齬が生じていることがわかる。

ゲーム内の説明

とらえどころのない反重力子を捉える装置で、重力場の強さを正確に測定するために使われます。重力子を測定した場合保証対象外になります。

変更点

0.23.5
  • "PhysicsSignificance = 1"を追記。性能表の数値に関わらず質量と空気抵抗が0になっている。
0.22
  • 実効機能を追加。
0.18
  • 実装。