Probodobodyne QBE/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Probodobodyne QBE
パーツ画像
Command module by
Probodobodyne Inc
接続サイズ S
コスト (合計) 360.00 Fund
質量 (合計) 0.07 t
空気抵抗 0.15-0.2
耐熱温度 1200 K
耐衝撃性 15 m/s
開発技術 Advanced unmanned tech.png Unmanned Tech
開発導入費 3800 Fund
実装version 0.18
Part configuration probeCoreCube
Command module
ピッチトルク 0 kN·m
ヨートルク 0 kN·m
ロールトルク 0 kN·m
トルク消費電力
0.000
s·kN·m
消費電力 1.50 ⚡/min
電力容量 5.0 
SASレベル 0
KerbNet
Field of View (min) 13 °
(max) 72 °
Detection 18 %
Enhancable × 無
Modes Terrain

Probodobodyne QBE電力で稼働する無人command moduleである。

使用

一般的に、ロケットの先端に設置され、コマンドモジュール機能がすべてに使える。他の無人ポッドより高い耐衝撃性がある。QBEはバージョン 1.0現在コマンドポッドとしては最も軽く、Probodobodyne OKTO2Stayputnik Mk. 1より軽い。


Probodobodyne QBEには上部と下部に極小サイズの接続ノードがある。

ゲーム内の説明

QBEはKSP内で多層絶縁されている数少ないパーツの一つである。

QBEはプロボドダイン社による最新鋭の小型無人機です。ちっぽけなサイズにもかかわらず、コマンドユニットとしてフル機能し、かつ驚くほど軽量です。これらの長所のため、お値段は少々張ります。さらに、その小さなボディの中にリアクションホイールが入るスペースはなく、バッテリー容量も雀の涙です。にもかかわらず、いや、もしかするとそのため、エンジニアたちは「任意帰還」ミッションに最適だと考えています。

変更点

0.18
  • 実装。