This wiki is currently experiencing migration problems. This is known and will be fixed at some point.

Registered users can edit this wiki.

CR-7 R.A.P.I.E.R. Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
CR-7 R.A.P.I.E.R. Engine
パーツ画像
Hybrid engine by
C7 Aerospace Division および Rockomax Conglomerate
接続サイズ M
コスト (合計) 6 000.00 Fund
質量 (合計) 2.00 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 20 m/s
開発技術 Aerospace tech.png Aerospace Tech
開発導入費 35000 Fund
実装version 0.23
Part configuration rapierEngine
Testing environments
On the surface ✓ 有
In the ocean ✓ 有
On the launchpad ✓ 有
In the atmosphere ✓ 有
Sub orbital × 無
In an orbit × 無
On an escape × 無
Docked × 無
Test by staging ✓ 有
Manually testable ✓ 有
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 162.30 kN
(真空) 180.00 kN
比推力 (1 atm) 275 s
(真空) 305 s
燃料流量 12.02 units of fuel/s


推力偏向 3 °
Jet engine
最大推力 105 kN
比推力 (max) 3200 s
燃料流量 0.04 units of fuel/s
必要吸気量 0.63 Air unit/s
推力偏向 3 °

R.A.P.I.E.R. Engine(レイピアエンジン 正式名称Reactive Alternate-Propellent Intelligent Engine for Rockets飛翔体用インテリジェント代替推進材反応エンジン)はハイブリッド型エンジンである。ジェットエンジン液体燃料ロケットエンジン両方の動作モードを持っている。吸気が失われた場合は自動的にロケットエンジンモードに切り替わる。現実世界のSABRE(セイバー)エンジンがモデルになっており、名前の由来はいずれも西洋剣となっている。

デフォルトパーツでは最初のクラスターエンジン(R.A.P.I.E.R.では四発)である。

2社による共同製造という点でも最初のパーツである。0.24以前はRockomaxoが抜けてRockmaxになっているというスペルミスがあったが修正されている。

使い方

R.A.P.I.E.R.エンジンには2つの動作モードがある。"AirBreathing"(空気吸入)モードではジェットエンジンのように液体燃料と吸気を用いて動作する。"ClosedCycle"(閉鎖サイクル)モードではロケットエンジンのように液体燃料と酸化剤を用いて動作する。また、空気流入量が低下したときに自動で吸気モードから閉鎖サイクルモードへ移行するAutomatically"設定と、手動でのみ切り替える"Manually"設定がの2つの設定がある。

ハイブリット機能は単段式宇宙輸送(SSTO)機の設計に非常に有用である。性能はそれぞれ同等のジェットエンジン・ロケットエンジンには劣っているが、モード切替を活用することで軌道投入ではToroidal Aerospike Rocketより優れた選択肢になり得る。欠点としては、LV-909等と同じく発電機能が無いことと、後部に他のパーツを取付可能なノードがないことが挙げられる。

吸気モード

他のジェットエンジン同様、KerbinLaytheの大気圏内でしか使用できない。比推力を他のジェットエンジンとくらべると見劣りするが、ロケットエンジンと比べればはるかに良い。また、高速(約1000m/s以上)かつ高高度(約17km以上)ではJ-X4 "Whiplash" Turbo Ramjet Engineより良い性能なので、大気圏高速飛行に適したエンジンといえる。

閉鎖サイクルモード

閉鎖サイクルでの性能は平凡という他ない。他のエンジンと比べた比推力は並である。推重比は同規模のエンジンのなかで最低である。ただし、ジェットエンジンとロケットエンジンを2つ搭載した場合と比べると、RAPIERエンジンは重量とコンパクト性の点で勝っている。そのため、装備を必要最低限にしたいSSTOへの使用に向いており、長距離の宇宙飛行には向いていない。

ゲーム内の説明

R.A.P.I.E.R.(飛翔体用インテリジェント代替推進材反応エンジン)はC7エアロスペースとRockomax社での合弁事業による産物です。繰り返し使用可能な単段式宇宙輸送機(SSTO)の設計に必要な要求を満たす為に開発された、ロケットと吸気式推進装置の技術の粋を集めたエンジンです。

変更点

1.0.3
  • ジェットエンジンのIspが半分に減少、推力も減少
1.0
  • 重量が1.2から2.0へ増加、コストが3600から6000へ増加、最大ジェット推力が190から140に減少、最大ロケット推力が175から180に増加
0.24
  • コストを5900から3600へ、質量を1.75から1.2へ変更。
  • 製造メーカーを修正。
0.23
  • 実装。