Advanced Grabbing Unit/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Advanced Grabbing Unit
パーツ画像
Docking port by
Kerbal Motion LLC
接続サイズ M
コスト (合計) 450.00 Fund
質量 (合計) 0.08 t
空気抵抗 0.2-0.3
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 50 m/s
開発技術 Actuators.png Actuators
開発導入費 5200 Fund
実装version 0.23.5
Part configuration GrapplingDevice

Advanced Grabbing Unit(AGU 通称Klaw)は中型のドッキング装置で、ドッキングポートがない任意の場所にもドッキングすることができる。AGUは小惑星の捕獲ミッションを想定したものだが、それ以外にも色々なものをつかむ事が出来る。EVA中のKerbalを捕まえることも出来る。

使い方

Command Pod Mk1先端で展開したAGU。

AGUの最大の用途は小惑星の捕獲である。他にもドッキングポートがない機体とのドッキングや、デブリ化した機体と燃料交換や充電をすることも出来る。ドッキングすると全体で1つの機体として制御される。性質はドッキングポートに似ているが、違いは複雑な位置合わせが必要ないことである。AGUで捕獲されたKerbalは爪の中でぐったりとしたラグドール状態になる。

操作は簡単で、Armed(起動)とDisarmed(停止)の切り替えのみである。"Disarmed"中は他のパーツと同様接触するだけである。"Armed"にすると、数m/s程度で接触したものを自動的に捕獲する。[1]捕獲したものを解放するにはAGUを右クリックしてパーツメニューからReleaseを選択する。

AGUにはPivot(旋回軸)があり自由に接続角度を曲げることができる。捕獲中のみ右クリックメニューにFree Pivotが表示され選択すると軸の固定が解除される。 "Free Pivot"選択後はリアクションホイールRCSの出力を使ってAGU視点を基準にヨー・ピッチ方向(ロール方向は不可)に曲げられる。この角度調整は小惑星相手の場合特に重要で、質量中心に対して推力が働くようにしないと制御が保てない。Note that controls may feel reversed; the opposite end of the craft from the claw will be moving. Note also that the range of motion the pivot provides is bounded by a circle, like the AGU itself, essentially drawing a conical area.

角度調整が完了したらパーツメニューからLock Pivotを選択して旋回軸を固定する。Note that even when locked, with sufficient lateral force the pivot can be bent, though once the force is removed it will bend back to its locked orientation. It is also possible with pre-assigned Action Groups to “Disarm” the AGU while attached without releasing it − a merely visual effect.

Kerbalの捕獲

軌道上でKerbal捕獲に成功。

Docking with a Kerbal, as of v0.21.2, is possible with the Advanced Grabbing Unit; しかしその際には注意すべきことがある。

  • AGUの中心に当てる。AGUの接触判定はアームの中心のみで、爪の先端などにKerbalが接触しても捕獲することが出来ない。
  • 捕獲しても爪は閉じない。アームの中心に接触してもアニメーションはなく"It has docked with something"(ドッキングしました)と表示されるだけで、Kerbalは中心に固定されるがラグドールのように手足は揺れ動く。

最も簡単に捕獲する方法は、AGU側ではなくKerbal側をジェットパックで移動させることである。その場合、捕獲が完了すると操作は機体側に切り替わり、AGUの"Release"操作をするまでKerbalのEVA操作をすることはできない。AGUで捕獲したKerbalは大気圏再突入の熱やパラシュートの減速に耐えることが出来る。

ゲーム内の説明

Kerbal Motion社のエンジニアは複雑な機械の中に落とした工具をどうやって回収するかという問題に長い間悩まされてきました。研究室の中で靴を逆さまにして振ることで異物を取り除く研修生を見て、開発チームは閃めいたのです!なぜロケットのパーツを逆さまにして揺らさなかったのでしょう。この保持アームはその需要を完全に満たし、重い機械すら持ち上げることが出来ます。工具を取り出す繊細な作業の他に、別の使用方法が発見されました。その使用方法は通称"Klaw"(claw-鉤爪をもじったもの?)と言います。

変更点

0.23.5
  • 実装。

参考文献

  1. Unofficial fan-made video "How to Capture an Asteroid (Kerbal Space Program)" by YouTuber Harv of HOCgaming