Stayputnik Mk. 1/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search


プロボドボダイン ステイプートニク
パーツ画像
Command module によって
Probodobodyne Inc
接続サイズ S
コスト (合計) 300.00 Funds
質量 (合計) 0.05 t
空気抵抗 0.15-0.2
耐熱温度 1800 K
耐衝撃性 12 m/秒
開発技術 Basic science.png 基礎科学
開発導入費 1 400 Funds
バージョンから 0.18
Part configuration probeStackSphere
Command module
ピッチトルク 0 kN·m
ヨートルク 0 kN·m
ロールトルク 0 kN·m
トルク消費電力
0.000
秒·kN·m
消費電力 1.67 ⚡/分
電力容量 10.0 
SASレベル × なし
KerbNet
Field of View (min) 25 °
(max) 45 °
Detection 0 %
Enhancable × いいえ
Modes Terrain


Stayputnik Mk. 1電気駆動の無人司令モジュールである。外観はソ連の人工衛星スプートニクをモデルにしている。

使い方

Stayputnik Mk. 1は機体最上部に設置されるのが一般的だ。SAS機能は内蔵しているが発生トルクが乏しいため、推力偏向エンジンやRCSスラスターを装備して補う必要がある。

Stayputnik Mk. 1の接続ポイントは下部の小サイズ1ヶ所のみである。OKTO2が実装されたversion 0.19までは最軽量の司令モジュールだった。

ゲーム内の説明

Stayputnikはクルーの安全性に対する究極の解決策です。軽量の球に受信機と小さな姿勢制御ジャイロを内蔵し、クルーは必要としません。つまりどんな危険からも完璧にクルーを守ることができます。しかしこの機器は稼働に電気を必要とし、電力が尽きると動作を停止します。内蔵バッテリーだけだと約10分間の動作です。

名前の由来

名前の由来はソ連の人工衛星"Sputnik"(スプートニク)に由来していると言われている。また同時期に打ち上げ失敗したアメリカのヴァンガードTV3の蔑称"Stayputnik"(動かない方のスプートニク)に由来しているとも言われている。ヴァンガードTV3は離陸直後に失速し発射台に崩れ落ちたことから、海外メディアによって付けられた蔑称の1つに"Stayputnik"があった。

変更点

0.22
  • パーツ名称をStayputnik Mk. 2からStayputnik Mk. 1へ変更。
0.18
  • 実装。