TT-38K Radial Decoupler/ja

From Kerbal Space Program Wiki
< TT-38K Radial Decoupler
Revision as of 21:45, 23 September 2014 by Kspjptrans (talk | contribs)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
TT-38K ラジアル型デカプラー
パーツ画像
Decoupler によって
O.M.B. Demolition Enterprises
コスト (合計) 600.00 Funds
質量 (合計) 0.03 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 8 m/秒
開発技術 Stability.png スタビリティ
開発導入費 1 200 Funds
バージョンから 0.7.3
Part configuration decouplerRadialTT-38K
Ejection momentum 2500 Ns
Testing Environments
On the surface はい
In the ocean はい
On the launchpad はい
In the atmosphere はい
Sub orbital いいえ
In an orbit いいえ
On an escape いいえ
Docked いいえ
Test by staging はい
Manually testable いいえ


TT-38K Radial Decouplerはステージ操作に合わせてパーツを水平方向へ切り離すデカップラーである。

使い方

TT-38Kはステージ操作で作動させるパーツで、TR-18Aのように作動させると設置されているパーツを切り離す。過去のバージョンでは液体燃料システムをTT-38Kに取り付けることは出来ず、固体燃料ブースターしか取り付けることが出来なかった。ユーザー内ではRT-10を取り付けてからその下に燃料タンクを設置する打開策が執られていた。

version 0.13以降は液体燃料タンクが設置可能になり、FTX-2 External Fuel Ductも実装されたため上記のような回避策は不要になった。

側面デカップラー1つに長大なパーツを設置すると、ねじれや破断、爆発の原因となる。それらを防ぐため、デカップラーを側面パーツの一端に、もう一端にはEAS-4 Strut Connectorを設置するのが賢明である。また可能な限りデカップラーは上端側に用いるのが良い。分離射出圧を上端に加えることで、側面パーツが機体斜め後方へ押し下げられ機体と距離を取りやすくなる。

ゲーム内の説明

他の殆どのデカプラと同じく、TT-38K Radial Decouplerは(たぶん)少量の爆薬が装填してあり、これによって接続部位を切り離すことが出来ます。

対称設置

Symmetry Modeを利用した対称設置

直列設置型のデカップラーと異なり、側面設置型のデカップラーは対称性によりおもしろい効果を得ることができる。VAB内で"Symmetry Mode"を利用すると、中央の燃料タンクに一度の操作で2~8方向へ対称的にパーツを配置することができる。手間が減るだけでなく手作業では不可能な精度でバランスを取ることが出来る。See example. Pieces however, whose collision mesh collide with one another will not stay onto their respective decoupler; this means you'll have to use fewer decouplers per stage, and more stages if you want more pieces.

変更点

0.18
  • モデルとテクスチャを刷新。
0.15
  • 分離射出圧を5から120へ変更。(リリースノートに記述なし)
0.14
  • Dデカップラーが運動の第2法則(F=MA)に従って挙動するようになった。
  • (unimplemented) Increased the ejection force of Decouplers and Radial Decouplers (too underpowered after the physics fix)
0.13.1
  • Removed parent-wise fuel cross-feed from Radial Decouplers. Fuel Lines made that obsolete
0.12
  • 分離射出圧を15から5へ変更。(リリースノートに記述なし)
0.9
  • デカップラーを介して燃料が使用されるようになった。(リリースノートに記載なし)
0.8
  • Radial decouplers now have their own module (they used to share modules with the stack decoupler)
  • 側面デカップラーの分離挙動を修正。 燃焼中の固体燃料ブースターを安全に切り離せるようになり緑が毎回死なないようになった。
0.7.3
  • KSP初公開。