Difference between revisions of "J-33 "Wheesley" Turbofan Engine/ja"

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
m (BobBot moved page Basic Jet Engine/ja to J-33 "Wheesley" Basic Jet Engine/ja: Renamed part after update.)
m (UmbralRaptor moved page J-33 "Wheesley" Basic Jet Engine/ja to J-33 "Wheesley" Turbofan Engine/ja: Engine was renamed.)
(No difference)

Revision as of 17:38, 17 January 2016

J-33 "ウィーズリー" ターボファンエンジン
パーツ画像
Jet engine によって
C7 Aerospace Division
接続サイズ M
コスト (合計) 1 400.00 Funds
質量 (合計) 1.50 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 Tech tree aerodynamics.png エアロダイナミクス
開発導入費 4 000 Funds
バージョンから 0.15
Part configuration jetEngineBasic
Jet engine
最大推力 120 kN
比推力 (max) 10500 秒
燃料流量 0.23 Units of fuel/秒
必要吸気量 29.60 Air unit/秒
推力偏向 × いいえ
Testing Environments
On the surface ✓ はい
In the ocean ✓ はい
On the launchpad ✓ はい
In the atmosphere ✓ はい
Sub orbital × いいえ
In an orbit × いいえ
On an escape × いいえ
Docked × いいえ
Test by staging ✓ はい
Manually testable ✓ はい


Basic Jet Engine液体燃料吸気を利用するジェットエンジンである。

使い方

Basic Jetは高度5000m以上では効率が低下してしまうが、それ以下の低空では高い効率で機能させることが出来る。Basic Jetは機体静止状態から最大推力を発揮することが出来るが、TurboJet Engineは対地速度1000 m/sに達するまで最大推力を発揮することが出来ない。これらの特徴からBasic Jetの100 Ktの滑走路推力と850秒の比推力は低空飛行機に最適である。しかし高空飛行機では、TurboJetで離陸してしまったほうが良い。

現在、ジェットエンジンが利用可能なのはKerbinLaytheの大気圏内のみである。

ゲーム内の説明

標準的な吸気式エンジンです。限定的ですが推力偏向が可能です。一般的な巡航速度と高度での使用に適しています。

Created by: C. Jenkins

変更点

0.15
  • 実装。